サビトラ20mg

 

 

 

ジマトラ20mg

 

 

 

 

 

 

サビトラについてのコラム【通販 ナースjl】

サビトラ服用すると、勃起を妨げるPDE-5の自然な働きを抑え、男性器の血流を促進し、EDに悩む方が勃起できるようにします。精子の運動率や精子の数、射精の大きさを増やすわけではなく、あくまで勃起を促進するものです。注意すべきは、感度を高めるものではないことです。

勃起は、性的圧力を受けると体内で生成されるサイクリックGMP(cGMP)の増加によって起こります。cGMPは性的圧力を受けると体内で生成されます。工夫されたcGMPはPDE5によって細分化され、勃起が弱くなったり消極的になったりする病状を引き起こします。サビトラは有効成分の容量が異なる10mg錠と20mg錠があります。レビトラのジェネリック医薬品の中で、サビトラのみ10mg錠が存在し、即使用可能な安全性の高い医薬品です。

初めてサビトラを服用される方は、ピルカッターで錠剤を数個に切り分け、錠剤の短さをテストすることをお勧めします。PDE5は、ペニスがセックスに似た刺激を受けたときに分泌される環状グアノシン一リン酸(cGMP)を分解します。cGMPは血管を拡張させ、ペニスに流れる血液量を増加させて勃起を引き起こします。勃起は弛緩します。サビトラはPDE5の効果をブロックし、cGMPの分離を圧縮することで、勃起を維持することができます。

Savitraは他のED治療薬と異なり、食事の影響を受けず、いつでも服用することができ、パートナーを満足させることができます。Savitraの副作用は個人差がありますが、頭痛、背中の痛み、筋肉痛、胸の圧迫感、顔の紅潮、鼻づまりなどがあります。これらの症状はいずれも軽度で、時間の経過とともに治まります。一般的にサビトラは1月2日に0.5錠から服用できるので、1錠を2錠に分割しても即効性があり、がっちりとした勃起を実感することができます。

詳しい試験結果はありませんが、サビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)を服用した多くの男性から、射精時間が伸びたという報告があります。サビトラには10mgと20mgの2段階があり、レビトラも2等分のグレードが用意されています。サビトラの有効成分バルデナフィルは、陰茎のPDE5を選択的に阻害するため、他の様式のPDEに深刻な影響を及ぼさない安全なED治療薬です。

勃起は、体内のサイクリックGMP(cGMP)レベルが上昇し、血管が伸びて陰茎への血流が急激に増加することで起こります。cGMPは、刺激物を受け取ったときに体内で生成されます。そして、生成されたcGMPはPDE5によって分解され、勃起力が弱まり「ヒリヒリする」状態となります。サビトラは、関連するPDE5を阻害し、cGMPが分解されないようにすることで、cGMPのかさを増やし、より強い勃起を促します。有効成分のバルデナフィルは、主に陰茎に担われているPDE5に効果を発揮するために勃起化学反応が大きく、他の種類のPDEにはほとんど効果がないため、副作用が起こりにくいED治療薬となっています。