ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ケアプロストについてのコラム【通販ブリッジ】

ケアプロストの有効成分であるビマトプロストは、もともと眼圧を速める作用があり、開放隅角緑内障や高眼圧症の治療薬として「ルミガン点眼液0.03%」という名前で販売されていました。これまでは、ビマトプロスト成分が緑内障・高眼圧症の治療薬として使用されてきましたが、副作用としてまつ毛が太くなることが報告されており、まつ毛育毛剤としても使用されるようになっています。

ルミガンはもともと緑内障の治療薬でしたが、副作用として育毛効果があることがわかり、現在、欧米を中心にまつ毛の育毛剤として普及しています。その後、ケアプロストやバイマトイド点眼薬とされるものなど、かなりの数のジェネリック医薬品が製造され、まつ毛育毛剤が手軽に入手できるようになった。ケアプロストは、まつ毛育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品で、成分としてビマトプロストを含んでいます。ルミガンと同様の効果があり、希望小売価格も手頃なため、特に若い女性に人気があります。

ケアプロストを寝る前に1回塗るだけで、まつ毛の「離れ・太さ・密度」を育ててくれます。反応の出方には個人差がありますが、主に使用開始から2ヶ月ごとに効果を実感する方が多く、4ヶ月の使用で最大限の効果が得られると言われています。また、効果を維持するためには、継続的な使用が必要です。ケアプロストは、まつ毛エクステをする余裕がない方や、毎日のメイクでまつ毛が傷んでしまった方におすすめです。

有効成分であるビマトプロストは、米国アラガン社が新たに開発した強力な眼圧を有する薬剤です。2001年3月に米国で高眼圧症の治療薬として承認され、現在、世界75カ国以上で承認・販売されています。ジェネリック医薬品のため、ルミガンよりもリーズナブルな価格設定となっておりますので、まつ毛を伸ばしたい、増毛したいお客様はケアプロストをお試しください。

ルミガンと本成分を配合したケアプロストは、サンファーマ社(インド・ムンバイの製薬会社)がジェネリック医薬品として誕生し、先発医薬品よりも安価に購入できることから、若い世代を中心に話題となり、医薬研究所では美容・スキンケア分野のトップ商品となっています。ケアプロストなら、まつげエクステやつけまつげのように、まつげが抜ける心配はありません。ケアプロストの高い魅力は、施術方法のために美容クリニックに通う手間や、毎回昼前までシールを貼って構える手間を省くことができる点です。

ケアプロストは、効果が十分に現れるまでの4ヶ月間は通年で塗る必要がありますが、その後は2日に1回塗ることで予防が可能です。ケアプロストの年間費用は、多めに見積もっても2万円は超えないでしょう。ケアプロスト1本だけで月収のパイになるので、1ヶ月あたりの価格は2,400円~2,800円程度(ケアプロストの相場)です。ケアプロストは、まつ毛の育毛・増毛に効果が期待されています。副作用は少ないと言われていますが、塗布した部分が特有な生のまま、沈着冷感、痒み、眼球の充血液などの情報があります。