フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアについてのコラム【genecli・ 公式】

フィンペシアの有効成分フィナステリドは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合して、脱毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されるのを防ぎます。ジヒドロテストステロンが生成されて捨てられるのを防ぐことで、脱毛の一連の流れを完成させ、細く切れやすくなった髪を再び活発に使えるようにし、目に見えて豊かな髪に変化させる効果が期待されます。

注意点として、有用性を維持するためには継続的に服用する必要があります。フィンペシアの服用を中止すると、1年程度で認められていた増加毛が飲み始める前の状態に戻ってしまうことが確認されているので、効能を止めないためにも必然的にフィンペシアの服用を継続する必要があるのです。フィンペシアはプロペシアと比較して、おおよそ1/7の総コストで入手することができます。すでにフィナステリド製剤を使用している(または使用したい)けれど、できれば必須コストを抑えたいという方には、フィンペシアはおすすめのAGAジェネリック医薬品です。

有効成分フィナステリドが男性ホルモンに作用して髪にアプローチし、抜け毛や髪の少なさといった男性型脱毛症(AGA)の症状を改善します。男性型脱毛症(AGA)に悩む多くの方が、フィンペシアで治療を受けています。有効成分フィナステリドが、男性型脱毛症の最大の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、抜け毛を予防します。フィンペシアは通常1日1錠の服用で、フィナステリドの効果は6ヶ月以上かかることが多いようです。

AGAの手続き阻害効果は、有効成分が体内に残って初めて期待できるものです。症状が改善されて服用を中止すると、抜け毛が再発します。フィンペシア1mgは、世界中で使用されている著名な脱毛症治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分としてフィナステリドを1mg混入しています。フィンペシアは、インドのシプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)に活用できる治療薬です。1日1錠で補給できる手軽さと、生え際や前頭部の脱毛にも効果があることから、人気の商品となっています。

フィンペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。日本でも認可されているプロペシアと同じ成分が配合されているため、同じ効果が期待できるのに、価格は安く設定されています。フィナステリドは、5αリダクターゼ阻害剤と呼ばれる薬です。男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)だと言われています。5αリダクターゼ酵素が男性ホルモンであるテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHTに置き換えます。このDHTが作用して抜け毛が発生するのです。

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラ社が扱うプロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアのジェネリックとして正式に認められているわけではありませんが、成分や影響はほぼ同じでありながら低価格を目指したフィンペシアは、原則的にプロペシアのジェネリックとして多くの人に認知される必要があるベストと言えるでしょう。フィンペシアというのは、AGA治療の具体化として知られている「プロペシア」のジェネリック医薬品であり、有効成分としてフィナステリドを取り入れています。プロペシアと同じく、5αリダクターゼ阻害薬として色分けされたAGA治療薬です。