フロントラインプラス

 

 

 

ネクスガード・スペクトラ

 

 

 

 

 

フロントラインについてのコラム【通販サークル】

フロントラインなどは、犬の肩甲骨の高さにある表皮に直接投与します。そうすることで、有効成分が犬の皮膚や毛に行き渡り、そこに寄生しているノミやマダニを死滅させるのです。マダニは普通のダニと違い、ペットに異常な病気を引き起こす感染症を引き起こすことがあり、駆除薬で改善させることができます。

フロントライン・プラスは、外部寄生虫の予防薬としてベストセラーです。フロントラインプラスは、犬の体にいるノミ、マダニ、シラミ、コナジラミを退治する薬です。フロントラインの良いところは、ノミの卵の孵化を抑制する効果もあることです。外用薬のフロントライン添加小型犬用は、体重が10kg以下の犬、生後8週間以上経った子犬から使用できます。

犬や猫を飼っていると思えば誰もが知っているノミ・マダニガード薬のフロントラインは、発売から20年経った今でも抜群の人気を誇っている商品です。フロントラインのブーストが人気を維持しているのは、成分が人名にもたらされ、ノミの卵や幼虫を駆除できるようになってきている点です。フロントラインとの違いは、フロントラインはノミの卵や幼虫を駆除することができる点です。フロントラインの長所は、先発医薬品ということで、ジェネリック医薬品よりも幅広い角度から評価されているため、より真実味があることです。

フロントラインは、ノミ、シラミ、コナジラミを24時間以内に100%駆除し、マダニは48時間で駆除できる速効性のある寄生虫駆除剤です。フロントライン・デリバリー大型犬用(体重20~40kgの大型犬用)は、ノミやマダニを効果的に駆除する液体外用薬で、継続使用でガードすることができます。月によって効果が変動することはなく、毎月初回の投薬のみで大丈夫です。散歩に出かける犬は、必然的に外部寄生虫のリスクにさらされることになります。外部寄生虫とは、ノミやマダニなど体の一部に寄生する昆虫のことです。

ペットの皮膚の皮脂に寄生したノミを駆除するための新しい製剤で、寄生したノミを24時間でほとんど駆除することができます。フロントラインプラスには、ノミの卵の孵化と成長を防ぐS-メトプレンという新成分が配合されています。このS-メトプレンは、問題ないことを示す量は砂糖と競合するほどで、妊娠・授乳期の母犬や子犬に投与しても安全であることも確認されています。妊娠中のペット、授乳中の母犬・母猫、生後8週齢以降の子犬・子猫への投与チャレンジで、平和が確認されています。

製造元はメリアル社でしたが、現在はドイツの製薬会社であるベーリンガーインゲルハイム社となっています。世界中で活躍している製薬会社で、動物の健康のために製造を続けているとされています。フロントラインは、大型犬のノミ・マダニ駆除の薬として最も一般的な薬です。月に一度、肩甲骨の間に薬を投与するだけで、ノミやマダニを駆除することができます。また、内服薬に耐えられない犬にも最適です。フロントラインは、高いレベルの無事故が承認されており、授乳中や妊娠中のペットにも投与することが可能です。また、子犬や子猫に投与しても安全であることが確認されています。