ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンについてのコラム【通販井上薬局】

マーベロンは、ホルモン剤21錠とプラシーボ(偽薬)7錠の合計28錠の量です。女性ホルモンの量が少ないため、太る心配がなく、女性にとって嬉しい低用量ピルです。また、従来のピルの副作用が気になる方にもおすすめです。低用量ピルは第一世代を超えた第四世代に分類されますが、マーベロンは第三世代の低用量ピルです。マーベロンは第3世代の低用量ピルです。マーベロンは、エストロゲンを薄く配合しているため、体に優しい&副作用の少ない低用量ピルと言われています。

低用量ピルは、女性自身が妊娠・出産をコントロールするための女性ホルモン製剤で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を少量ずつ含んでいます。低用量ピルを正しく服用すれば、避妊率はほぼ100%です。ノベロンは、日本の産婦人科で処方される割合が高いマーベロンのジェネリック医薬品で、成分や効能が同じにもかかわらず、先発品のマーベロンより安価なのが特徴です。数ある低用量ピルの中で最もホルモン量が少ないため、小柄な日本人女性にも使用でき、副作用も最小限に抑えられています。

マーベロンは、避妊効果のほか、ホルモンバランスを安定させることにより、生理痛、貧血、月経不順、血流低下、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、更年期障害などの予防が期待できます。ノベロン0.18mg(非存在下上昇率エロン)は、オランダのオルガノン社が開発した第3世代の低用量ピル(避妊用ピル)です。低用量ピルは1日中継続して服用することで避妊効果を発揮しますが、3相性タイプの低用量ピルが1日の間にホルモンの嵩が変化するのに対して、ノベロン(非存在性上昇率エロン)0.15mg+0.03mgは1相性タイプで服用中のホルモンの嵩は一定なので、安心して服用できるため服用中の失敗がなく安全に体内への取り込みが可能なのです。

マーベロンを使い続けることで女性ホルモンが補充され、排卵や受精卵の床ずれ、精子や幼児の受精の合流を防ぐ効果があります。女性の体型はホルモンバランスによってコントロールされており、ピルによって女性ホルモンを体内に入れることで、体内の状態を避妊に適した状態に変化させるのです。ピルはコンドームよりも避妊効果が高く、生理痛や生理不順も改善できるため、輸入を希望する女性にはおすすめの商品です。

エチニルエストラジオールとデソゲストレルが体内に染み込むと、体内のホルモン濃度の上昇が分泌を司る視床下部に伝わり、排卵を誘発する性腺刺激ホルモンである黄体形成ホルモンの分泌を克服することができるのです。マーベロンの作用により、黄体形成ホルモンの分泌が制限されることで排卵がなくなります。有効成分にはデソゲストレル0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mgが含まれており、避妊効果が期待できるほか、生理痛が可哀想なユーザーにも効果が期待できます。また、子宮内膜症の正常化にも使用されており、避妊目的以外の目的で服用するユーザーもいます。マーベロンは一相性低用量ピルであり、21錠すべてが同じ成分を同じ量だけ含んでいることになります。