カークランド(ミノキシジル5%)

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルについてのコラム【通販エキスパート】

ミノキシジルタブレットは、薄毛の原因となる男性ホルモンの改善を抑えるプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド製剤と併用することも可能です。抜け毛の緩和を回避するフィナステリドの影響と、頭皮の血流を促進し発毛を推奨するミノキシジルタブレットの動きが必要となり、抜け毛を食い止めるとはいえ、発毛効果が期待されます。服用開始後3~6週間で発毛効果が現れるとされており、ミノキシジルタブレットよりも短い期間での効果が期待できます。

ミノキシジルには内服薬と外用薬があり、日本では外用薬のみが流通しています。ミノキシジルは、有名な発毛剤「リアップ」の主成分です。頭皮に直接塗布する発毛剤で、使用することで頭皮の血管を進化させることができます。髪の成長を助ける毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化を図り、髪が元気になるようサポートすることで、育毛・発毛効果を実現します。ミノキシジルは、当初高血圧患者さんが血圧を割り引くために用いる薬として誕生したものです。それが、多毛症が治療対象となる病気の人にゴーサインが出たことで、発毛剤として再創造されたのです。

ミノキシジルは、頭皮の毛母細胞の数を増やし、血行を良くすることで発毛を促進します。従来通り、毛根に直接作用して細胞の増殖とタンパク質の合成を促進し、発毛効果を発揮します。1日1回、1mLを脱毛患部の頭皮に塗布することができます。1日に複数回使用したり、1回の塗布量を増やしたりしても効果は上がらず、むしろ副作用の確率が高くなります。

頭皮に塗布するタイプの育毛剤は、抜け毛の初期症状には効果的ですが、すでに施術を受けた抜け毛には効果がありません。育毛剤として認可されていると言われるミノキシジルタブレットは、体の内側から作用することでより強力な効果が得られると考えられています。
外用薬が人間の皮膚から一部しか得られないのに対し、内服薬は全身の血流を伴うため、内側から頭皮の隅々まで行き渡り、より強い育毛効果を発揮するのです。

ミノキシジルタブレットは、内服薬の中でもAGA治療薬の部類に入ります。有効成分であるミノキシジルタブレットは、血行を活性化することで頭皮への栄養の供給をアシストしてくれます。栄養を受け取った毛母細胞(髪の元)が平行に成長するのを防ぎ、発毛を促進させます。男性型脱毛症(AGA)に効果のある有効成分ミノキシジルを配合した錠剤です。飲むタイプのミノキシジルを塗布する育毛剤に比べ、塗布にムラがなく、毛根に均一に外圧がかかるため、血流が活性化し、発毛促進が期待できます。

ミノキシジルは海外では内服薬としても使用されていますが、カークランドのような外用薬の方が副作用が出にくいと言われています。日本では、リアップ、リグロ、ヘッドスキンメディカルミノキなどの商品名で塗布薬として販売されています。カークランドは、アメリカのコストコ社のプライベートブランドから発売されている発毛剤です。日本でも知名度の高いコストコが作った発毛剤ということで、カークランドは高いレベルの良さを獲得しているといえるでしょう。