バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バスピンについてのコラム【通販ジェネクリ】

ブスピンは、神経系におけるドーパミンやノルアドレナリンの活性を高め、脳内の治癒状態を促進します。不安症状に対するブスピンの治療効果は、デパス錠とは異なります。不安症状は、脳内のセロトニンが不足することで起こります。バスパーの有効成分であるブスピロンは、脳内のセロトニンを上昇させ、抗不安作用を発揮します。

有効成分のブスピロンは、セロトニン5-HT1A受容体アゴニストであり、不安や抗うつ作用に関連する選択的受容体に作用します。神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの動きを改善することができます。バスピンは日本では販売されておらず、受け付けていませんが、介護施設ではデパス錠の処方が可能で、個人輸入で抗不安薬として購入した人も多く見受けられます。

ブスピロンは商品名バスパーを含め、日本では入手できないため、病院での処方はできません。日本では、有効成分ブスピロンを改良したタンドスピロンという成分を取り入れたセディール錠という薬が処方されることがあります。睡眠薬として、滞りなく眠りについて睡眠を確保し、抗不安薬として、強い不安でいっぱいの脳を抑圧して応用する効果があるのだそうです。

ブスピロンの有効成分であるブスピロンは、うつ病、不安神経症、睡眠障害などの症状に対して効果を高め、緊張を煽りながら不安をコントロールする薬です。現代の触法精神社会では、不安症状をはじめとする精神疾患を持つ多くの人が、抗うつ薬や抗不安薬などを服用し、「おいでんうつ病・不安障害」と呼ばれています。

全般性不安障害とは、特に理由もなく不安が続き、多くの習慣や事柄によって形成された過剰な不安や心配をコントロールできない精神疾患です。この症状が現れると、転倒や装着しかできない、集中できない、眠れないなど、多くの症状が現れます。ブスピリンは、これらの多くの症状を改善することができます。ブスピリンは、ブスパーのジェネリック医薬品です。主に不安障害や不眠症の治療に使用され、似たような即効性のある抗不安薬としてデパスという薬も知られています。ただし、デパスの代替薬としてエチラーム/エチゾラムとも呼ばれるバスピンがありますが、成分が異なるためデパスと併用することはできません。

ブスピンとその前身であるバスパーは、これまで日本では販売されていませんでしたが、安全で有用な抗不安薬、睡眠薬として世界的に人気が高まっています。ブスピロンの有効成分である塩酸ブスピロンは、脳内のセロトニンに作用して、その濃度を高める働きがあります。セロトニンが増えることで、不安やストレスを軽減しながら、アドレナリンやドーパミン、神経のメッセージ量を持つ物体を強化し、自然な睡眠に導きます。