トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

 

トリキュラーについてのコラム【通販net窓ロ】

低用量ピルには、プロゲスチンの配合や性能が異なる数多くの種類が想定されています。トップブランドの低用量ピルには、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ヤーズなどがあります。アンジュはあすか製薬が販売している低用量ピルで、トリキュラーと同じ成分です。販売元が違うだけで、効果も、作用や副作用もほとんど同じです。妊娠を希望する場合、服用を中止すれば、2以降3~4ヶ月で再び排卵が始まります。低用量ピルは子宮の生態を高め、健康な卵子を育てやすくするので、妊娠したいときに妊娠しやすくなるのです。

トリキュラーには、「ホルモンバランスを整える」「排卵を抑制する」「受精卵の羽入を阻止する」「精子と卵子の流入を阻止する」という3つの働きがあります。排卵後に女性の体内で起こる開口部と同様に、トリキュラーはホルモンバランスを整え、体の状態を妊娠初期と同じにすることで、真の避妊を可能にする効果があります。トリキュラーの臨床試験は、経口避妊薬で避妊を希望する女性924名を対象に実施されました。臨床試験に参加した女性は、1日1錠のトリキュラーを服用する以外は、普段どおりの生活を送りました。臨床試験中、ゴムなどの避妊具を使用せずに性交渉を行い、避妊効果を確認しました。

トリキュラーは、ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が開発した低用量ピルです。3段階でホルモン量を増加させる群体型の低用量ピルで、生理的なホルモンバランス反応が得られるように設計されており、ピル服用中の不正出血が起こりにくくなっています。トリサイクラー」は、1979年に研究開発された世界初の三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、2種類の女性ホルモンの含有量が異なる3種類の錠剤を一定期間服用する低用量ピルのことです。

トリキラーは、通常、継続的に服用する低用量ピルです。正しく服用すれば100%妊娠を防ぐことができる避妊薬で、医療機関でもよく処方される薬です。女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性の有益な成長、妊娠・出産、スタイルや効能の実現に重要な役割を果たす重要なホルモンである。エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが変化することで、月経、妊娠、出産がうまくいくのです。

トリキュラー(21錠)は、バイエルシェーリングファーマがトリキュラーを作る際に正式に認定したザイダス・カディラ社製の製品です。日本で処方されているトリキュラー錠とは異なり、シンプルな企画商品です。成分や効果は同じですので、安心してお買い求めください。女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性実行の調達、妊娠・出産、体の使い方などに想像以上に関係するとても重要なホルモンです。これらのホルモンが倍増したり減少したりすることで、月経の間隔が開いたり、妊娠・出産が起こったりするのです。