ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

カークランド(ミノキシジル5%)

 

 

 

 

 

ミノキシジルについてのコラム【通販エキスパート】

ミノキシジル錠10mgは、ファイザー社のロニテン10mgのジェネリック医薬品です。主成分のミノキシジルは、全国皮膚科学会のAGA治療アドバイスで、「Aランク」(最も推奨される)として評価されています。ミノキシジル錠のノキシジルは、タイのTOメッド社で製造されました。ファイザー社が開発したロニテンのジェネリック医薬品で、「ミノタブ」とも呼ばれます。

ミノキシジルタブレットを6ヶ月間飲み続けると、多くの場合、短期間で髪のボリュームアップを実感することができます。ミノキシジルタブレット1錠でも発毛効果はありますが、プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド系医薬品と併用することで相互作用を促進させることが可能です。ミノキシジルタブレットの説明書には、次のような記載があります。”高血圧に対する常用で期待される効果は、10ヒトで8人、服用開始から3~6週間で体毛が増加することです。したがって、増毛を期待する場合、10人中8人の方に効果があることがわかります。

ミノキシジルによって頭皮の血流が改善されると、毛乳頭に大切な栄養素が届き、発毛が活発になります。毛乳頭は髪の太さに影響するため、栄養が不足すると、髪が細く弱くなってしまいます。AGAは成人男性に発症する脱毛症の一種で、イライラや生活習慣の乱れなどの要因が重なることで発症することが多いとされています。AGAの治療薬として認可されているのが、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。

ミノキシジルタブレットは、AGA(男性型脱毛症)の発毛剤で、AGAの原因である乱れた毛周期(ヘアサイクル)を正常な状態に戻す働きがあるのです。ミノキシジルタブレットは、AGA(男性型脱毛症)治療薬であるロテニンのジェネリック医薬品です。頭皮の血流を改善し、発毛・育毛を促進する効果が期待されます。日本では副作用の少ない外用が主流ですが、海外では内服薬として販売されています。

ミノキシジルは内服薬と外用薬の2つの用途があり、日本では外用薬のみが流通しています。ミノキシジルは、有名な育毛剤「リアップ」の主成分です。ミノキシジルタブレットは経口摂取のため、有効成分が頭皮の全身に行き渡り、有効性を活性化できることも特徴です。ミノキシジルタブレットは、頭皮に付着するタイプの育毛剤の使用が苦手と感じている方におすすめです。

ミノキシジルタブレットは頭皮の血流を改善し、男性型脱毛症による頭頂部や前頭部の髪の少なさを改善する効果があります。頭皮の血流が良くなることで、毛根に栄養や酸素が伝わり、髪の量や太さが増えます。しかし、この期間が通常より短いと、髪が十分に育たず、髪が短く細くなり、点々と頭頂部から下部の髪の程度が低下してしまいます。この状態がAGAです。