プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアについてのコラム【通販井上薬局】

プロペシアは1回の摂取で薄毛を治療するのではなく、6ヶ月以上継続的に摂取することでヘアサイクルを正常化し、抜け毛を予防します。1992年に前立腺肥大症治療薬「プロスカー(フィナステリド5mg)」が、1997年にはAGA治療薬「プロペシア」が承認されました。髪の乏しさを改善する近道は、継続的な摂取です。即効性が裸にならないからといって、服用を中止しないことです。プロペシアは6ヶ月間服用して効果を確認しましょう。

フィナステリドを含む医薬品は販売が認められておらず、国内のドラッグストアでは類似の医薬品を購入することができません。プロペシアはMSD社が開発・販売している男性型脱毛症(AGA)治療薬で、日本で認可されているAGA治療薬はフィナステリドとデュタステリドという成分だけです。

DHTはさらに毛母細胞(髪の毛の元)を傷つけるようにプログラムされており、毛根でDHTが増加すると、毛母細胞がさらに減少・消失し、AGAの異常が発生します。プロペシアは継続的に服用することで、DHTの生成を抑え、抜け毛を予防し、脱毛を緩和させます。フィナステリド1mgを1日1回服用した日本永続服用試験研究会(3年間)によると、98%の患者さんに一連のAGAの数値が出なかったそうです。

プロペシアは、抜け毛の原因となるホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加を抑制する作用があります。テストステロンは抜け毛の原因にはなりませんが、5αリダクターゼという酵素と結合してDHTに変化すると、AGAを引き起こすホルモンとして作用します。プロペシアを服用して発毛が見られたとしても、発毛を継続させるためにはプロペシアを継続的に服用することが不可欠です。

フィナステリドを含む薬剤は、AGA治療の第一選択薬であり、日本皮膚科学会のガイドラインでも「A」の指定を受けています。プロペシアは、アンドロゲン性脱毛症治療薬として初めて医療用医薬品として承認されたものです。現在、日本国内のクリニックや皮フ科で処方することができます。しかし、フィナステリドのDHTの生成を防ぐ作用により、抜け毛や脱毛を抑制し、強く、太く、コシのある髪に改善することができます。

主成分のフィナステリドは、症状の原因となる男性ホルモンを抑制し、抜け毛を防ぐだけでなく、生えてきた髪を頼もしい完全な頭髪に変化させる効果があります。生え際と頭髪の両方に効果があります。24歳から50歳までのAGA男性に実施した臨床試験(132条件)では、241週間の長期投与で98%が健康な状態であることが確認されました。0.2mgを48週間投与した131例中71例(54.2%)、1mgを投与した132条件中77例(58%)の頭髪が減少していたことが確認されました。本法による予防を実現することができました。