アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

ノルレボについてのコラム【通販ソーシング】

アフターピルは、中絶薬ではなく、妊娠補正薬である。受胎後1週間ですでに妊娠している場合は、緊急避妊ピルの効果はありません。妊娠初期に緊急避妊ピルを使用しても、胎児に悪影響はないと言われています。また、コンドームが壊れたり、避妊具が効かなかったりした場合に備えて、男性も緊急避妊ピルを常備しておくとよいでしょう。

アイピルは、インドの有名な製薬会社であるCipla社が開発した緊急避妊ピル(アフターピル、モーニングアフターピル、緊急避妊薬)である。妊娠阻止率とは、事前に推定した妊娠する頭数と、実際に妊娠した頭数の比率で算出されるスコアです。臨床試験での妊娠阻止率はおよそ81%であり、緊急避妊の確率が高いことがわかります。最近承認されたノルレボピルの利点は、服用が1回で済み、吐き気などの副作用が少ないことです。

アフターピルは種類によって妊娠の喪失率が異なりますが、妊娠初日から3日以内の服用で概ね70%以上と言われています。アイピルに含まれるレボノルゲストレルは黄体ホルモンで、受精や受精卵の織りなす階層を邪魔する作用があります。つまり、卵巣からの排卵を妨げ、粘液の量を増やして受精が起こりにくいようにし、月経を早めて受精卵が子宮にしがみついて浮遊できないようにするのです。

緊急避妊ピルには2種類あります。ノルレボとヤッペ法(プラノ・ヴェルナリス)です。ノルレボは、ジャッペ法(昼間に2錠服用し、その後1日中2錠服用する方法)よりも効果が高く、副作用も少ないため、緊急避妊薬として正式に認可されています。海外の臨床試験では、妊娠の断念率はノルレボ85%、ヤッペ法57%となっています。副作用である吐き気は従来通りノルレボ23.1%、ヤッペ法50.5%、嘔吐はノルレボ5.6%、ヤッペ法18.8%と報告されているようですが、ノルレボとヤッペ法では副作用の発現率は異なるようです。

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。同じレボノルゲストレルが含まれていることから、アイピルもノルレボ錠と同様の妊娠NG率が予想されます。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、受精卵の着床と卵子の放出が抑制されるため、性行為後でも効果を発揮することができます。次の月経が来るのを不安げに待つのではなく、満足のいかない妊娠を回避することができます。その他、低強度の機能として月経をコントロールするために使用することもできます。基本的には産婦人科で処方してもらえますが、母子科の方が取り扱っている可能性が高いので、相談することをおすすめします。