ゾロフト50mg

ダキシッド(ゾロフト・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゾロフトについてのコラム【通販リサーチ】

ゾロフトの主成分であるセルトラリンは、気分をコントロールし、不快感やスリルの高揚感を抑える神経伝達物質です。服用すると、脳内の神経相互作用をアップレギュレートし、やる気を無理なく変化させます。また、ゾロフトは、多くの女性に共通する悩みである月経前不安症にも非常に有効な治療薬です。月経前不安症とは、月経の1~2週間前から始まり、月経が終わった後も4~5ヶ月間続く病状です。

本来、抗うつ効果が高く、副作用が少ないことから、うつ病をはじめとする多くの精神疾患の治療に使用されています。ジェイゾロフトは、SSRIと呼ばれる抗うつ剤の一種で、日本ではファイザー株式会社が2006年から販売しています。ジェイゾロフトは、SSRIの中で最も離脱症状が少なく、再爆発・再発の可能性が低いことから、世界で最も広く使われている抗うつ剤となっています。

海外では、1980年に高用量で発売されて以来、欧米を中心にうつ病を対象とした臨床試験が行われています。月経前不安症の主な症状は、歯ぎしりや不安感が増し、怒りっぽくなり、感情のコントロールができなくなることです。このほか、食欲増進や過食、強制的な睡眠意図、疲労感、集中力の減退などが起こることもあります。

ジェイゾロフトは、日本では比較的新しい薬ですが、欧米では1990年頃から使用されており、世界中で使用されている抗うつ薬です。ゾロフトを服用して副作用が現れた場合は、薬の音を大きくすることなく徐々に減量し、中止と言える場合は相応の対処をする必要があります。セロトニントランスポーターを阻害することで、特定の神経話物質のセロトニン密度を高め、うつ状態を改善し、印象を緩和する。うつ傾向のある方、イライラしやすい方、夜間に寝付けない方などの購入者におすすめです。

ゾロフトは、日本で販売されている抗うつ剤ジェイゾロフト錠50mgの海外版です。国境を越えた製薬会社であるファイザー社が製造・販売しています。ファイザー社は、米国ニューヨークに本社を置く製薬会社です。ゾロフト(ダクシード)50mgは、ファイザー社が推奨する薬の一つで、うつ病の治療薬として世界中の医療機関で使用されています。

ジェイゾロフトは、うつ病、うつ状態、パニック障害、心的外傷後ストレス障害に効果があります。脳内のセロトニンというある種の生成物の量を増やすことで胸を安定させ、不安やイライラを和らげ、偉大な大使となる役割を果たします。ゾロフトは、うつ病、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に効果がある抗うつ剤です。有効成分としてセルトラリンを含有し、日本で販売されているジェイゾロフト錠の海外カテゴリーにあたります。