トリキュラー21(アンジュと同一成分のピル)

ヤスミン(ヤーズと同一成分のピル)

 

 

 

 

 

アンジュについてのコラム【通販ソリューション】

アンジュは子宮の状態を変動させ、精子の子宮心理への侵入を抑制し、受精卵の消耗を抑制する有用性を持っています。プラセボピル(偽薬)を除くすべての開始期ピルは、ホルモンの数が一定なので、28日周期の間にホルモン量が変化することはありません。ピルの飲み方の理解を間違えても、効果は心配なく持続します。ただし、飲み方を間違えたり、実際のピルを飲むことが重要な日に偽物のピルを飲んだりすると、効果が薄れてしまいます。アンジュは三相性に比べ、不正出血が起こる可能性が高くなります。

アンジュは、女性が妊娠したいと思う要因である卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストゲン)の2種類の女性ホルモンを増やし、脳や人体に妊娠したと誤認させることで、排卵が起こらないようにするものです。アンジュを含む低用量ピルは、「排卵の抑制」「子宮内膜(子宮の内膜)の増加抑制」「子宮頸管への精子の侵入防止」という3つの作用で妊娠を防ぎます。正しく服用すれば、避妊率は100%に近いとされます。

アンジュを服用すると、ホルモンバランスが自然な形で変化し、100%に近い確率で避妊効果を得ることができます。「三相性」「先天性」、どちらが昏い、どちらが悪いということはありませんので、情熱を持って考え、自分にあったピル選びをしてください。アンジュは、世界初の三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストゲン(黄体ホルモン)の含有量が異なる3種類のピルを配合した低用量ピルです。

女性に多い肌トラブルの修復、乳房の良性腫瘍の表面化防止、子宮内膜症の解消などの効果もあります。さらに、むくみや吐き気、不正出血などの副作用も緩和することができます。日本で代表的な低用量ピルとして知られるアンジュは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを有効成分として含んでいます。排卵を抑制し、妊娠を予防する効果もあります。

女性ホルモンを継続的に摂取することで、体内で排卵がコントロールされ、子宮内膜の再生が阻害され、子宮頸管粘膜の粘性が高くなります。その結果、避妊効果が得られるのです。従来の方法と同様に、避妊できない効果として、月経不順の解消、月経痛やPMSの緩和があります。

三相性ピルは、ピルによってホルモン量が異なるので、飲み忘れが絶対にありません。これは三相性ピルの特徴のひとつですが、ホルモン量を最小限に抑えるということは、体への負担が少ないということなので、副作用のリスクも少なくなります。三相性ピルの中でもアンジュは、三相性サイクルの3本の足のそれぞれで黄体ホルモンの量を増やしていく緩やかな上昇型の三相性タイプで、酔う時間によってホルモン量を調整するように設定されているので、結果的に体内のホルモンノイズの量を最小限に抑えることができるのだそうです。