ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

パキシルについてのコラム【通販ネオテート】

ペクセップは、抗うつ剤、パニック障害治療剤です。日本で承認・販売されているパキシル錠の後発品として大量生産・販売されています。治療時間はわずか30分レベルなので、1ヶ月の総収入をおおよそ上回っています。パキシルジェネリックは、同じ効能を数分の一の価格で手に入れることができます。

パキシルは、離脱抑制剤の一種であるセロトニン離脱抑制剤(SSRI)の治験薬です。主成分のパロキセチンは、脳の神経線維が神経伝達物質であるセロトニンを獲得するのを阻害します。脳内のセロトニン濃度を拡大することで、うつ病や強迫性障害などを改善します。パキシルはGSKファーマから販売されている抗うつ薬で、うつ病やパニック障害、強迫性障害の回復に効果があるSSRIです。

パキシルはうつ病やパニック障害だけでなく、不安障害や強迫性障害にも適したお薬です。パロキセチンは、これらの症状の改善、身だしなみの解消、意欲の回復、社会的緊張の緩和、情報発信の改善などの目的で服用することができます。抗うつ作用や催眠作用のあるデパスを使用していると見られる人は、デパスに代わる嗜好品、到達する薬としてパキシルジェネリックを通販で購入するケースが増えているようです。

パロキセチンの突然の中止や痩身は、めまい、知覚障害(耳鳴りや)、睡眠障害(悪夢を含む)、不安、イライラ、嬉しい、方向感覚喪失、吐き気、震え、混乱、発汗、頭痛、部門下痢を公開することがあります。ほとんどの症状は、2回目の服用を中止してから3〜4日以内に消失し、その程度は軽度から中等度であり、約2週間で回復します。ペクセップは、グラクソ・スミスクライン社が製造・販売する抗うつ剤パキシルのジェネリック医薬品です。世界110カ国以上で承認され、これまでに1億人以上の患者さんに使用されています。

パキシルは、他の追随を許さないSSRI系抗うつ薬と言われています。日本ではSSRIとして2番目に開封され、ジェネリック医薬品が待機している。このペクセップもパキシルジェネリックです。人間の脳細胞は、シナプスと呼ばれる細胞間のバランスが悪く、セロトニンやアドレナリンなどの神経会話が隣の細胞で理解され、組織が神経末端に戻され、細胞から次の細胞、もっと言えば神経末端に要約が伝わります。しかし、健康な衝撃や外敵は、神経との接触が激しい物の歩行を鈍らせるため、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経シナプスの密度を下げ、薄くすることができます。

パキシル・ジェネリックは、パニック障害、強迫性障害、ヤキモチ焼きアドレナリンにも水平に使用されるため、日本でもよく処方される抗うつ剤です。副作用は、吐き気、食欲不振、口渇、便秘、下痢、眠気などです。