リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

 

 

リオサイトメルについてのコラム【通販サイクル】

リオサイタメルは、フィリピンのロイドラボラトリーズ社が開発したサイロナミンの甲状腺ホルモン製剤のジェネリック医薬品です。甲状腺ホルモンの分泌を促進するエラーステロイドで、粘液水腫、クレチン病、慢性甲状腺炎などの治療に使用されます。筋肉を落としたくないトレードの場合、リオサイトメルは単独ではなく、筋肉増強剤やアナボリックステロイドと併用することが推奨されています。

甲状腺ホルモンは40歳から年齢とともに緩和され、不足すると無気力、体のだるさ、走るのが遅い、肌荒れ、むくみ、冷え性、便秘、徐脈、死念などの総体症状が出ると言われています。しかし、末梢性甲状腺ホルモンでもあるリオチロンナトリウムを十分に摂取することで、症状を見直すだけでなく、体にとって高価な脂肪を燃焼させることができると言われています。リオシトメルは、不足した甲状腺ホルモンを補充するために使用する錠剤タイプの甲状腺ホルモン製剤です。製剤に含まれる甲状腺ホルモンは活性型であり、即効性があり、大きな効果を期待することができます。

リオシトメルを服用することで、自動的に甲状腺ホルモンが増加するため、体が調整しようとして勝手に分泌量を減らしたり、分泌を止めてしまったりすることがあります。急に服用をやめると、逆に体内の甲状腺ホルモンが減ってしまうので、脂肪が燃焼されず、せっかくダイエットに成功してもリバウンドしてしまうのです。甲状腺ホルモンの一種であるリオチロニンNaは、筋肉を増強する効果があることが知られており、タンパク質の変換促進にも関与しています。

リオチロメルで外部から甲状腺ホルモンを加えることで、濃縮されすぎた甲状腺ホルモンの量を調整しようとするため、体内での自然な分泌が減少したり、止まってしまったりすることがあるのです。甲状腺ホルモンの分泌が低下・停止している状態でリオサイトメルの使用を中止すると、リオサイトメルの脂肪燃焼効果が弱まり、リバウンドの可能性が高くなります。ご自身の運動がなくても、リオサイトメルを加えるだけで消費エネルギー量が増えたという開発実績があるので、ダイエット効果も期待できます。

リオサイトメル」は、株式会社ロイドラボラトリーズが製造する、ダディーズワイフやお使い物に使える甲状腺ホルモン薬です。有効成分は「リオチロニンナトリウム」で、日本で認可されている「チロナミン錠」という薬と同じ成分です。通常製剤は、日本では武田薬品工業が販売している医療用標的薬の先発品「チロナミン」と同じ有効成分を含むジェネリック医薬品です。リオシトメルのサプリメントは、体内の甲状腺ホルモンの不足に対処し、初期交代を増加させ、タンパク質の合成に影響を与えることで効果を発揮します。