ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットについてのコラム【通販 ダイレクト】

有効成分ミノキシジルは、当初、高血圧の治療薬として誕生しました。しかし、臨床試験で「髪が増える」という副作用が多く見られたことから、発毛作用に着目し、育毛剤としても開発されました。ミノキシジルが育毛に有効なのは、血管拡張作用があるからだと考えられています。頭皮の必然的な経過が修正され、毛母細胞に栄養が十分にアプローチされるため、発毛が促進されるわけです。

ミノキシジル錠の説明には、高血圧に支給すると期待できない作用として、10人が摂取すると8人で頭髪が増加し、摂取開始から3人を超えて6週間でしか体毛は増加しないと書かれていることがわかります。したがって、増毛を期待するのであれば、10人中8人の消費者にその作用が認められると見ることができます。ロニテンのジェネリック医薬品であるため、先発医薬品よりも低価格・低額で購入することが可能です。人間用の育毛剤に比べ、ムラなく塗れて手間がかからないため、非常に使い勝手が良いです。

タイのT.O.Chemicals(1979)Ltd.が製造・販売しているミノキシジル錠(ノキシジル)は、ロニテンの後発品です。高血圧の治療薬として選ばれている降圧剤ですが、AGA(男性型脱毛症)の治療にも有効な育毛剤として人気があります。血行が悪いと、髪に必要な栄養素が途中で届かなくなり、抜け毛の原因になったり、髪の成長が止まってしまったりします。しかし、ミノキシジルによって血行が改善されれば、髪に必要な栄養素が十分に届けられるようになり、毛母細胞が活性化されて髪の生成が促進されるようになるのです。

AGA治療薬としてのミノキシジルは、毛細血管を拡張し、毛根にある毛乳頭に栄養を供給することで発毛を促進します。この血管拡張作用は全身に作用するため、降圧作用があるわけです。ただし、降圧剤として補充する場合は、摂取量が多くなるため、AGA治療に使用する量では降圧効果は期待できません。ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの時期があります。正式には約10万本とされるヘアサイクルの分布を変えないことで、毛髪を維持しています。

ミノキシジルタブレットの場合、1%濃度のミノキシジルは効果が出るまで6ヶ月、5%濃度のミノキシジルは効果が出るまで4、30日使用する必要があります。ミノキシジルタブレットは、発毛剤であるミノキシジルを内服することで、髪の少ない状態や抜け毛を内側から改善する錠剤製剤です。また、高血圧症の降圧剤としても引用されています。成分には5mgと10mgがあり、1回の服用で10錠入っているので、数錠から始めることができます。ミノキシジルタブレットは、発毛促進効果のあるミノキシジルを有効成分として含有する内服薬です。インターネット上では「ミノタブ」と呼ばれることもあります。