ヤスミン(ヤーズ配合錠)

ヤズ(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤーズについてのコラム【通販ソーシング】

日本では、避妊目的での有効性や安全性の取り組みに関する情報が不足しているため、ヤーズは避妊薬として承認されていないようです。国内全陸用のみのYAZの追加文書には、「避妊目的で使用する場合は、説明書錠剤を使用しないこと。という注意書きがあり、私たち日本人の避妊目的での有効性+安全性が確認されて消えています。

超低用量ピルということで、有効成分が最小限に抑えられているため、低用量ピルの副作用で困っていた購入者や、ピルに抵抗のある方には、恐ろしい避妊薬といえるでしょう。また、海外ではニキビの再確認を目的に使用されたり、月経を早める効果があるため、長い月経に悩むお客様にもおすすめです。

ドロスピレノンという黄体ホルモンを配合した「第4世代単相性」超低用量ピルで、1錠に含まれるホルモンの嵩が同じなので、大きさの違う錠剤を服用する手間がかかりません。YAZには有効成分として2種類の女性ホルモンが含まれています。黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.02mgです。これらの成分は、体内で女性ホルモンとして働きます。女性ホルモンを少しでも取り戻すことで、女性は自分の力で月経を起こし、妊娠する力を持つことができるのです。

ヤーズは排卵を抑制し、頸管粘液の粘性を変化させて精子児の侵入を防ぎ、子宮内膜の再生を抑制することで、100%に近い避妊効果を持つ避妊具です。ヤーズは、海外でPMSやニキビの治療薬として承認されている超低用量ピルです。定期的に体内に取り入れることで、避妊効果も期待できます。

超低用量ピル「ヤーズ」は、バイエル社が開発した新しいタイプの避妊薬で、主成分としてドロスピレノンを含有しています。ヤーズは、利尿作用のある合成黄体ホルモン「ドロスピレノン」を日本で初めて使用したことが特長です。ヤーズは、ドロスピレノンを主成分とする新しいタイプの避妊用ピルです。避妊だけでなく、生理痛や生理不順の改善にも効果があるとされています。

ヤーズを服用すると、脳の下垂体に作用して女性ホルモンの分泌を抑え、排卵が起こりにくくなるため、避妊効果が得られます。また、子宮内膜の蓄積を解消することで生理痛を軽減します。ヤーズは、月経困難症(月経に伴う体幹の痛みや頭痛などの煩わしい症状)の治療薬として、日本で初めて承認された薬剤です。月経困難症の相談者を対象とした臨床試験で、「ヤーズ」の有効性が実証されています。

ヤーズの特長は、第3世代以前の低用量ピルに比べて、ホルモン化合物の含有量が少ないことです。YAZは最新世代の低用量ピルなのです。従来の低用量ピルが抱えていた副作用である「体重増加」「むくみ」「肌荒れ」が起こりにくいと言われています。YAZの成分である「ドロスピレノン」は、黄体ホルモンの一種です。黄体ホルモンの中でも、ドロスピレノンは自然界のプロセスに近いため、浮腫(むくみ)の症状が出にくいことが特徴です。