レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラについてのコラム【通販 窓ロ】

レビトラの主成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は、勃起に関わる酵素であるPDE-5の働きを阻害するもので、PDE-5が働かないと、勃起を促すcGMPというものが目立つようになり、陰茎の血管が拡張して血流量が増加します。そのため、陰茎が硬く勃起するようになり、ED治療に効果があると考えられています。レビトラの有効成分は、バルデナフィル塩酸塩水和物です。バルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルと非常に通常類似しており、同じ作用機序に該当します。

世界初のED治療薬となったバイアグラは、大きな過去を誇り、浸透力という点では群を抜いていますが、その一方で「食後すぐに服用しても効果がわかりにくい」「服用後1時間ほど時間をかけないと即効性が感じられない」という厄介な問題があるとされてきました。という面倒な問題があるとされてきました。ED、中折れ、硬さ倍増にお悩みの方におすすめです。

効果の持続時間は10mg錠で約5時間、20mg錠で8~10時間で、服用量にもよりますが、翌朝まで効果が期待できます。この即効性は、空腹時に服用することで最大限に発揮されます。しかし、本剤は食事の影響を受けにくいという利点もありますので、即効性を求めないのであれば、食後でも流れに任せて服用することが可能です。

既存の食事(700kcal)で、合掌に占める脂肪の割合が30%以内であれば、レビトラの効果は食事の魅力に抱かれることはないのです。レビトラの効果は服用後わずか15分で現れるので、急な行為の機会や薬を飲み忘れて遅れた場合でも、脇役の状況を気にすることなくレビトラを使うことができるのです。レビトラは、性交時に男性器が勃起しないことを治療する勃起不全治療薬です。バイアグラに次いで作られたED治療薬で、レビトラは勃起系に関わる酵素に作用するPDE5阻害薬でもあります。

外部から何らかの性的刺激を受けて体内の一酸化窒素の分泌が促進された後、これが陰茎組織におけるサイクリックGMPの分泌を促します。サイクリックGMPの増加により海綿体の平滑筋が弛緩し、陰茎部の血管が伸び、血流の増加により陰茎中圧が上昇し、勃起が起こります。サイクリックGMPはPDE-5という酵素によって分解されるため、この酵素の働きを抑制するED治療薬を服用することで、勃起の勢いをつけ、保持力を向上させる効果が期待できるのです。

レビトラはドイツのバイエル社が製造・販売しており、日本では2004年に10mg、2007年に20mgが承認されています。記録が大きい方が有効成分バルデナフィルの含有量が多いため、深く、長く作用します。