アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルについてのコラム【通販・ genecli.com】

緊急避妊は、コンドーム断ち、禁欲、レイプなどの場合に使用できる最終手段の避妊法である。性交後72時間以内にピルを服用することで妊娠を排除する手法なので、緊急避妊ピルと呼ばれる。なお、一般的には「アフターピル」とも呼ばれる。現在では、ノルレボピルを体内に取り込む方法が主流で、伝統的な方法はヤッペ法と呼ばれています。アフターピルは、個人輸入代行業者からネットで購入することも可能です。

個人輸入ではアフターピルの服用方法の説明は受けられませんので、ご自身で使用方法を確認する必要があります。病院やクリニックに行きたくない方におすすめですが、活用方法だけは確認しておきましょう。

緊急避妊は、ノバット(銅付着子宮精神避妊具)でも可能です。ノヴァTによる緊急避妊の服用率は1%以下と安価で、中長期的な避妊を希望する場合は、そのまま通常の避妊法として使用することが可能です。また、妊娠していることが明らかであれば、しばらくして権利関係を解除することも可能です。ノヴァTは基本的に出産経験のあるお客様にお勧めする避妊法ですが、出産経験のない方でも使用することができます。ただし、子宮口が固い場合は導入しにくかったり、挿入時の痛みや苦しみがしみじみと伝わってくることもあると言われています。

ノルレボは72時間以上服用すると避妊効果が薄れますが、120時間までなら効果が期待できます。無防備に性行為を行った場合の緊急避難的なチックに無駄が多い方法です。通常の避妊のために継続して使いたい方法ではない。しかし、コンドームの破損や放置、膣野射精のしくじりなどで妊娠の可能性が高く、どうしても妊娠を避けたいときに一時的に使用する避妊法です。

緊急避妊薬をできるだけ早く、性交後72時間以内に理解することで、排卵を抑え、受精を防ぎ、受精卵の子宮へのくっつき床を防ぐことが期待できるのです。以前はヤッペ法(プラノマス避妊薬を2錠、正午のインターバル直後にさらに2錠)が広く使われていましたが、現在は避妊効果が高く、副作用が少ないことからWHOが推奨する緊急避妊法である「レボノルゲストレル」が販売されています。

性交渉後72時間以内にアフターピルを服用することで、高い確率で妊娠を回避できるとされています。ただし、アフターピルは緊急時に処方され、体内に取り込まれるものです。服用後、安全だからといって無防備な性行為は絶対にしないでください。

緊急避妊薬「ノルレボ錠」が公開され、今まではピルが価格提供者でしたが、日本でも正式に認可された薬が処方されるようになりました。ピルに比べて副作用がほとんどなく、服用も1回で済む。困ったことに必要なコストが異常に高く、避妊効果ももう一つという感じです。推奨時間を超えると効果は激減しますが、だからといって効き目が薄いわけではなく、ある程度の効き目は期待できます。推奨時間を過ぎた場合でも、医師に相談されることをお勧めします。