デパスの代わりとして人気の商品

 

 

ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

デパスについてのコラム【通販トレーダー】

デパスのジェネリック医薬品であるエチラームは、うつ病に伴う不眠を改善し、不安障害やパニック障害の治療にも使用されています。また、気圧や自律神経の乱れからくる肩こりやめまいにも効果があります。エチラームは、日本で最も多く使用されている抗不安薬であるデパスのジェネリック医薬品として有名な薬です。チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。

デパス錠とエチラームは、不安・睡眠障害、うつ病、統合失調症、高血圧症、パニック障害、胃潰瘍の治療に使用されるとされています。エチラームの成分であるエチゾラムは、抗不安薬などの精神・身体障害、健忘症、抗けいれん薬、催眠薬、骨格筋の短縮、弛緩に使用される薬です。

短期間で効く薬で、副作用が問題視されている「ベンゾジアゼパム」に比べ、効力が6倍になるのが特徴です。デパスは、短期間の服用で効果を発揮するため、依存症が起こりにくい抗不安薬です。また、筋弛緩剤でもあるため、緊張性頭痛や腰痛などの痛みにも効果的です。デパスは神経症や心身症、睡眠障害などに頼る場合とは使用法がかけ離れているので、服用する前に確認することが大切です。

デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白くて丸い錠剤が特徴です。デパスの主成分であるエチゾラムは、脳内のBZD受容体に結合し、ストレス解放系の神経を活性化し、精神を落ち着かせる効果があります。不安や緊張で硬くなった筋肉を緩め、肉体がリラックスして眠れるようになります。

エチラームの製造メーカーは、ジェネリック医薬品で世界的に有名なインド最大手の製薬会社lntas Pharmceuticals Ltd)です。エチラームは、デパスと同じ抗不安成分であるエチゾラムが混入されており、デパスと同等の効果を発揮します。エチラームは抗不安作用があるため、精神障害を改善する薬として取り入れられています。デパスは、神経症、うつ病、心身症、睡眠障害、肩こり、腰痛などの症状を緩和する効果が確認されています。

1984年に発売されたデパスは、25年間特許が静かに流れており、各国の医薬品メーカーが後発品の製造・販売を始めています。デパス錠とエチラームは、非常にマイルドな作用の抗不安薬として知られています。デパスは抗不安薬としての効果が高く、幅広い診療科で処方されており、副作用も少ないのが特徴です。

さらに、エチラームは抗うつ剤だけでなく、緊張した筋肉をほぐす作用もあるので、肩こりや背中の筋肉が弾けそうな感じといった症状の進行に適していると推測されます。副作用はほとんどありませんので、安心してお使いいただけます。また、筋肉の緊張を和らげる筋弛緩作用と痙攣を抑える抗痙攣作用が含まれており、様々な症状をターゲットにしています。エチラームの成分は、デパスにも含まれるエチゾラムです。ベンゾジアゼピン系の成分で、脳内の抑制性情報伝達物質であるGABAの役割をサポートし、人間の心身に現れる不安やストレスなどの症状を緩和します。