バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

抗生物質についてのコラム【通販ポーション】

ゾビラックス(アシクロビル)は、ヘルペスの治療薬として大蔵省に指定されている薬です。バルトレックスはゾビラックスを少し生産して引っ繰り返したもので、受付の頻度もほんのわずか、副作用もさらに少なくなっています。バルトレックスを常に服用することで、治療中だけでなく、薬の認可が下りなくなった後も、ヘルペスの再発を抑えることができるのです。

ヘルペスウイルスに感染すると、症状が治まった後もウイルスが体内(三叉神経面)に残り、いつでも再発する可能性があります。バルトレックスは、単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスなどに使用される薬です。これらの病気では、表皮や粘膜に紅斑やミネラルウォーターの水泡ができ、神経に沿った痛みが生じます。

ヘルペスウイルスの接触感染による症状は、初期症状のうちに治療する必要があります。ウイルスが増殖してしまうと、治療薬では症状の回復が遅いので、病状が悪化する前に対策をとることが大切です。一般に、ウイルスはDNAを複製し、その数を増やしながら徐々に全身に広がっていきます。このDNA複製に必要な酵素がDNAポリメラーゼであり、バラシクロビルはその動きを阻害する役割を担っています。

年間6回以上性器ヘルペスを再発した対象者を対象に、バラシクロビルまたはプラセボを1日1回52週間服用させたところ、バラシクロビル投与群はプラセボ投与群に比べて再発のリスクが71%低下しました。アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスに接触して感染した細胞の内部に入り、ウイルスのDNAの製造を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑制します。アシクロビルは、ウイルスに接触して感染した細胞のみに選択的に作用し、ウイルスに接触して感染していない細胞には作用しないため、非常に安全です。

バルトレックスは、ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹に対して、ウイルスの増殖を抑え、皮膚の劣化を防ぎながら正常な状態に回復させる効果があります。バルトレックスは、性器・口唇ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡の治療薬として使用されます。バルトレックスの効果により、ウイルスの増殖や病気の不適合を最小限に抑え、罹患期間を短縮することができます。アシクロビルがDNAに取り込まれる際にリン酸化されるには、接触感染細胞で誘導される酵素(チミジンキナーゼ)が必要です。ウイルスに感染していない正常な細胞ではリン酸化が起こらないため、アシクロビルがDNAに取り込まれなくなります。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内で2番目のアシクロビルに変換され、交互に作用します。アシクロビルはDNAの構成要素の一つであるdGTPと非常によく似た構造を持っており、ウイルスに感染した細胞内で一連のリン酸化ステップを経て、dGTPの代わりにDNAに取り込まれることになります。