ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤスミンについてのコラム【通販ディビジョン】

ヤスミンは、2種類の総女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を有効成分とする低用量ピル(経口避妊薬)です。低用量ピルは、女性が自分で月経や妊娠をコントロールすることができ、正しく服用すれば、避妊効果が100%になることはほとんどありません。ヤスミンは第4世代の低用量ピルで、バイエル社が開発した21錠のカテゴリーから間もなく収穫される競合品です。

体内で発芽する天然の黄体ホルモンに近い成分を使用しているはずなので、これまでのピルよりも体重増加やホルモン均てん化の進行によるむくみが少ないのが特徴です。1錠あたり合成黄体ホルモン「ドロスピレノン」3mg、合成卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.030mgを含有しています。

バイエル社が行った臨床試験では、「100人の女性がヤスミンを1年間服用した結果、避妊に問題があったのは1%以内だった」という結果が出ています。結論として、正しく服用すれば、ほぼ確実に避妊できることを告白するものです。2000年に承認された新しい経口避妊薬で、1錠の中に含まれる女性ホルモンの量が決まっている一相性の良いピルです。カラフルなピルを飲むような服用システムはなく、ヤスミンを間違えて飲んでしまう心配はありません。

月経や妊娠は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の比率が推移することで成立します。低用量ピルを服用し、少量のエストロゲン&プロゲステロンを体内に押し込むことで、脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠」と認識し、卵胞の成長・排卵・子宮内膜肥大が自由にできるのです。卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールは男性ホルモンを抑制し、ホルモン平衡状態を浄化する。ホルモンバランスを整えることは、更年期障害などのガードにも影響します。

ヤスミンの有効成分であるドロスピレノンは、利尿作用で尿の容量を増やす効果があります

。ヤスミンには黄体ホルモンとしてドロスピレノンが配合されていますが、本来は体内の水分を蓄える働きを阻害する成分です。ピルを服用して副作用に悩まされているお客様、ピルに抵抗のあるお客様、初めてピルを服用される方で、体への不安を軽減したい方におすすめです。

ドイツのバイエル社が製造・販売するヤスミンは、低用量ピルに比べて身体的な心配が少ない超低用量ピルです。ヤスミンの有効成分は、合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンが3mgとなっています。海外で作られた製品なので、一般的には個人輸入代行で販売されています。有効成分のドロスピレノンには利尿作用があるため、従来のピルより副作用が少ないのが特徴です。