ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

ノルバスク10mg

 

 

 

 

 

 

 

メインテートについてのコラム【通販ノワール】

メインテートは、高血圧、心不全、頻脈性心房細動などの心臓の症状をコントロールする薬です。心臓に作用して、血液量を減らし、血圧を下げ、心拍を抑制します。本剤の有効成分であるビソプロロールフマル酸塩は、心臓の総脈拍数を調節することにより、血圧や心臓病(狭心症、心室性期外収縮、心室性心房収縮、心房細動)を抑制します。

メインテートは、心臓の機能を回復させ、血圧を割引く薬で、高血圧症のほか、狭心症、不整脈、慢性心不全の治療に採用されています。交感神経β受容体遮断薬に分類され、β1-アドレナリン受容体遮断に対する高い選択性により、精神血管疾患の治療に使用されています。動悸を抑えることで心臓を休ませ、その結果、血圧を低下させます

ビセレクトは、ライバー体内のβ受容体を遮断することで効果を発揮するβ遮断薬です。私の血管のつながりには、脈拍や心臓の締め付けに関係するβ1受容体と、血管の拡張に関係するβ2受容体の2つの幸せなβ受容体が存在します。ビセレクトは、心臓に浸透する主な受容体であるβ1受容体を阻害することで、過剰な動悸を本来の意味で抑制することができます。メインテートは、有効成分ビソプロロールを含有する高血圧、狭心症、心臓・血管系疾患の治療薬です。この薬は、アドレナリンβ1受容体を遮断することで効果を発揮します。これにより、心臓への影響を抑え、症状を和らげます。

有効成分はビソプロロールです。ビソプロロールは、β遮断薬と呼ばれる薬剤の一種に属します。メインテートは、心臓の充電を軽くし、血圧を割り引く薬です。心臓の交感神経の熱に訴えるβ1受容体を遮断し、過剰な心臓の動きを鈍らせることで、降圧作用、抗狭心症作用、抗不整脈作用、抗心不全作用があります。

心臓の過剰な作用を抑え、プラスアルファを抑制することで、心臓を休ませ、血圧を下げることができるのです。また、現在では、プルースの抑制により血圧が下がることを考慮し、脳卒中や心臓病、腎臓病に対する予防効果も期待されているため、推奨されています。
メインテートは、「本態性高血圧症」、「狭心症」、「心室性期外収縮」「頻脈性心房細動」、他の慢性心不全治療薬使用中の慢性心不全の治療薬です。

血圧上昇症とは、血圧が達観するほど上昇した状態で、頭痛などの症状が出ることがあります。血圧を測定した結果、140/90mmHg以上であれば治療が必要です。狭心症とは、心臓の血管が萎縮し、一時的に心臓から酸素や栄養が失われる病気です。胸が締め付けられるような痛みを伴う疾患とされています。ビセレクトに住む有効成分ビソプロロールフマル酸塩は、交感神経の働きに関与するβ1受容体を遮断することで効果を発揮します。