グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイについてのコラム【通販 もえ薬局】

グルコバイは、食後血糖値正常化剤とも呼ばれ、1990年にドイツのバイエル社から販売された。体内に取り込むことで、食後の激しい血糖値の上昇を抑えることができます。その作用機序は、腸からの炭水化物の消化をゆっくりとモラトリアムすることで効果を発揮します。

有効成分アカルボースは、糖質として体内に浸透する炭水化物やショ糖(砂糖の主成分)の侵入を強制的に遅らせる作用から、血糖値の急激な上昇(低血糖)を緩和するのです。一部の菓子類や清涼飲料水に含まれるブドウ糖ではアカルボースの効果が得られないので、暴飲暴食や飲み過ぎに注意しましょう。アカルボース単体では低血糖を起こすことはほとんどありませんが、他の糖尿病治療薬と同時に使用すると低血糖を起こすことがあります。

グルコバイは90錠入りですが、アカルボースは1容器に50mg錠が30錠入っており、適応症に応じた注文個数の調剤がしやすくなっています。アカルボースを基本容量・用法で使用する場合、1容器で5日分10日分の日局で使用することになります。アカルボースの血糖降下作用は穏やかなので、糖尿病の治療では他の血糖降下剤と併用されることが多いようです。

食後の血糖値の急激な上昇を抑えることで、食べた雑貨が脂肪になるのを防ぐことから、食後高血糖改善剤とも呼ばれています。このようにダイエットに有利な効能があるため、多くの美容クリニックでは、糖質制限やダイエットのためにグルコバイを処方しています。グルコバイ(アカルボース)は、α-グルコシダーゼ阻害剤で、血糖値を下げる薬、糖尿病治療薬です。有効成分として、アカルボース25mgを配合。グルコバイを食直前に服用することで、食後の予期せぬ血糖値の上昇を抑え、糖の記憶を遅らせるモラトリアムを与え、糖が脂肪として蓄積されるのを食い止めることができるのです。

バイエル社が育成・販売する糖尿病治療薬「グルコバイ」は、糖の記憶を緩やかにし、食後の血糖値上昇を抑える薬です。主成分のアカルボースは、日本の厚生労働省の認可を受けており、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類されます。グルコバイは、運動、食事スタイルの見直し、インスリン投与、血糖降下薬で治療効果が得られない場合にのみ使用する必要があります。

有効成分アカルボース(Acarbose)が、小腸粘膜微絨毛に存在するグルコシミラーゼなどの酵素を阻害することにより、膵臓や唾液中のα-アミラーゼを阻害する役割を果たし、食後の血糖値の急上昇を抑制することは夢ではありません。また、小腸粘膜に存在するデンプンと糖のサッカライドを分解する酵素であるα-グルコシダーゼの自然な働きを抑える力があり、血糖値の改善に有効であることが分かっています。グルコバイは、糖質の理解を抑え、食後の血糖値上昇を抑制する治療薬であり、糖尿病の治療にも使用されるべきものです。ブドウ糖値の上昇を抑えるので、血糖値を下げたい人は試してみるべきでしょう。