スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールについてのコラム【通販サイクル】

スピロテロールは、ウエストコースト社が販売している気管支推進剤です。主成分は、日本でも認可されているスピロペント錠と同じクレンブテロール塩酸塩です。スピロテロールの有効成分は、骨格筋の血管を拡張する働きがあり、それと同時に筋力増強効果があります。カロリー制限を目的とした継続的な摂取の場合、低カリウムの症状で脚がつりやすくなることがあります。この場合、カリウムを補うことで副作用が減少する可能性があります。

クレンブテロールは、アドレナリンβ2受容体を活性化することで、脂肪を燃焼しやすい体質にします。同時に、異化作用(筋肉の異化や衰退の事象)を防ぐ増強作用があり、同化作用はあまりないと言われています。従来のβ作動薬に比べ、心臓への作用が弱いため、安心して使用することが推奨されています。有効成分はクレンブテロールで、β2刺激薬として作用します。

スピロテロールの有効成分であるクレンブテロールは、β2受容体を刺激して気管支を拡張させることにより、患者の呼吸を楽にし、つらい咳を和らげる。また、膀胱のβ2受容体を刺激し、筋肉を弛緩させることで腹圧性尿失禁の治療にも使用されます。スピロテロールは、日本で承認されているスピロペント錠と同じ有効成分であるクレンブテロール塩酸塩を含有する男女兼用の医薬品です。

スピロテロールは気管支拡張薬で、喘息や発作を考え直すのに役立ちます。アレルギー性の良い反応によって出てくる症状の虎の巻で、咳や息苦しさを和らげる効果があります。スピロテロールは、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎に関して、呼吸器ダニ症の促進剤として採用できる薬です。β2受容体は膀胱にも存在し、これを焼くことで筋肉を弛緩させ、腹圧性失禁を進行させることができます。

スピロテロールを販売するウエストコース社は、インドの医薬品メーカーです。主にジェネリック医薬品を製造しています。日本ではほとんど知られていないのですが、世界47の国と場所で事業を展開しており、WHOにも認定されています。ジェネリック医薬品を主に製造しているため、低価格で安全性の高い製品が多いと言えます。

スピロテロールの有効成分である塩酸クレンブテロールは、日本で承認されている有効成分で、気管支を拡張して呼吸を楽にする薬である。スピロテロール(クレンブテロール)は、もともと喘息などの治療によく使われる薬ですが、最近は上半身のビルダーが多く使っています。交感神経を温め、骨格筋の血管を拡張させる力があり、筋肉増強効果が期待できます。スピロテロールは、塩酸クレンブテロールを有効成分とする気管支収縮剤です。アナボリックステロイドではないので、ステロイド特有の副作用は必要ありません。