ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

 

ミノタブについてのコラム【通販ショート】

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は有効成分ミノキシジルを経口摂取する治療薬です。全身から成分を取り込むため、同じミノキシジル系の治療薬でも頭皮に塗布するよりも頭皮全体への効果が期待できます。一般的なミノキシジルタブレットの容器には50錠入っていることが多いですが、ミノタブの容器には10錠入っているので、少量からミノキシジルを購入することが可能です。ミノキシジルタブレットを使用したことがなく、ごく少量から試してみたいという方には、ミノタブ2.5mgが最適です。

AGAの早期治療のためには、抜け毛や発毛の少なさが気になりだしたら、すぐにミノタブの服用を開始することが推奨されています。ミノキシジルは毛根に直接作用し、細胞の再生とタンパク質の合成を促進することで発毛を促します。フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)などの有名なAGA治療薬とは作用機序が異なるため、これらの薬と同時に使用することが可能です。

また、ミノタブは「脱毛抑制剤」の陣営であるフィナステリドやデュタステリドとの同時使用も可能です。これらの薬剤を併用することで、さらに効果や有効性が高まると考えられており、AGAクリニックでは、同時使用の治療を依頼されることが多いようです。ミノキシジルは発毛・育毛効果があるのに対し、フィナステリドは脱毛抑制剤であり、発毛・育毛効果はありません。

ミノタブは、薄毛の原因となる男性ホルモンの強化を抑えるプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド製剤と併用することも可能です。抜け毛の進行を止めるフィナステリドの作用と、頭皮の血流を促進することで発毛を促すミノタブの作用が反応し、抜け毛を止めながら育毛する効果が期待されます。ミノタブには有効成分としてミノキシジルが含まれており、血行を促進することで頭皮や毛根に燃料を供給し、発毛をスムーズにする効果があります。

ミノタブには、崩れたヘアサイクルを正常化し、発毛を促進する効果が期待できるのです。フィナステリドのような抜け毛予防は期待できません。ミノタブの有効成分であるミノキシジルは、もともと血管を拡張して血液を流れやすくする降圧剤として作られたものです。そのため、ミノタブは男性型脱毛症だけでなく、高血圧の改善にも効果があります。

高血圧症のお客様を対象とした臨床試験の過程で発毛促進効果が発見され、現在ではミノタブを含むミノキシジルタブレットは男性型脱毛症の治療にも使用されています。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司るとても重要な器官です。ここに栄養が行き渡ると、若い髪が鍛えられやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血流が悪ければ、育毛はうまくいきません。