アバナ(アバナフィル100mg)

アバフォース(アバナフィル100mg)

 

 

 

 

 

アバナについてのコラム【通販リサーチ】

アバナはステンドラのジェネリック医薬品で、アバナフィルを含有する第4世代のED治療薬と言われています。ED治療薬のうち副作用が控えめな商品です。アバナフィルという成分は、アメリカのビバス社がステンドラとして初めて承認し、その後、発明されて製品としてラインナップされています。ジェネリック医薬品大手のサンライズレメディは「アバナ」を販売しています。

アバナは、性行為の約30分前に水またはぬるま湯で服用し、基本的に1回1錠を目安に服用します。効果が現れにくい場合は、最大200mgまで服用することができます。先発医薬品と同じ有効成分と容量を持つアバナは、ステンドラの臨床結果と同じようにED再確認の可能性を持っています。アバナのジェネリック医薬品は、価格が安いわけではなく、お求めやすい価格になっていますので、新しいED治療薬を試してみたいというお客様にも適しています。

アバナフィルならではのメリットとして、他のED治療薬と比較して圧倒的に即効性があることが挙げられます。PDEには1~11種類以上あり、陰茎では5型のPDEが勃起の骨格に多く存在します。勃起は、外圧によって形成されるサイクリックGMP(cGMP)が陰茎内で上昇することで出現します。しかし、PDE5がcGMPを分離して勃起を解除することで、言うなれば、勃起が萎えてしまうのです。アバナフィルは、PDE5の動きを阻害してcGMP量を上昇させ続けることで勃起を促し、ペニスを硬くこわばらせて性交可能回数を増加させるのです。これらは、ほとんどのED治療薬に共通する特徴です。

アバナフィルは、近年日本で販売されているED治療薬の中で最も即効性のある薬です。しかし、刺激なしに勃起を誘発することはありません。また、服用しても性的な衝動を改善することはなく、向こうの女性が服用しても危険な薬物的な作用は反映されません。精液や精子の量を増やしたり、射精時の恐怖心を煽ったりするものでもないことに留意する必要があります。

ED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスからで、今までは3大ED治療薬と言われていました。しかし、2012年にアメリカの製薬会社ビバス社が第4のED治療薬としてステンドラを大量に生産する契約を開始しました。ステンドラはこれまでのED治療薬と同じく、PDE5という酵素を阻害する作用があります。

アバナはレビトラと同じかそれ以上の確実な即効性を持っています。服用後、約15時間ごとに効果を発揮すると言われています。性交の直前に服用しても間に合う、レビトラと並ぶED治療薬の一つです。主成分のアバナフィルは、本家(バイアグラ、シアリス、レビトラ)の足を拭うような新しいED治療薬です。特に即効性があり、食事の影響を受けにくいという長所もあります。また、副作用も先発品に比べ軽減されており、従来のED治療薬では人体に合わない方にもおすすめです。