オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

 

オキシポロンについてのコラム【通販サイクル】

オキシポロンの特徴は、有効成分であるオキシメトロンが肝臓や体内の方法に作用して、タンパク質の材料の合成を促進させることです。タンパク質の合成が進むと、筋肉の量が増え、体が強化されるため、故障やケガの原因となる持久力の消耗が改善されます。オキシポロンの効果は、通常の4倍の速度で筋肉をは立っつさせると言われています。

オキシポロンは、ミオスタチンの働きを抑制する作用があります。ミオスタチンとは、骨格筋で作られる物質で、筋肉の成長を抑制する働きがあります。もともとミオスタチンは、貧血や骨粗鬆症、HIV感染による体重減少を改善するために作られたものですが、ケガによるタフネスや貧血を改善し、カルシウムの供給が少なくなることで骨がもろくなるのを防ぐ効果もあります。

海外では、65歳から80歳の患者さん31名に、それぞれ12週間、オキシメトロンを投与しました。その結果、運動や成長を伴わずに筋肉の総容量が増加しました。筋肉の増加だけでなく、再生不良性貧血、先天性貧血、骨髄線維症などの疾患にも有用であることが確認されています。筋肉増強剤としての使用は専門回にご相談ください。

ミオスタチンは、筋肉の異常な成長を止め、癌の恐ろしさを増大させないために必要ですが、体脂肪の燃焼を妨げ、体の容量が足りなくなると筋肉を体から切り離す作用もあります。オキシポロンは、この部分に効果的に作用します。ミオスタチンの働きを抑制することで、体脂肪を燃焼しやすくし、その結果、体内の筋肉を増やすことが現実的になるのです。このような効果は、あくまでもアメリカでの対象ですが、日本でもその効果は確認されています。

筋繊維は、激しい運動や負荷の高いトレーニングを受けるとわずかに壊れますが、免疫システムによって修復されます。この修復の特徴は、筋繊維が傷つく前より少し肥満気味になることです。これと並行して、筋肉はより深く、より勢いよく成長します。運動すると筋力がアップするのはこのためです。オキシポロンの成分であるオキシメトロンは、経口の蛋白同化ステロイド剤です。タンパク質の材料の合成を刺激する強烈な効果があり、筋肉増強剤としてボディビルダーに使用されることもあります。

オキシポロン (高成分評価のオキシメトロン) は、経口製剤で最も強力で最も成功したアナボリックステロイドです。オキシポロンは国内では活用されていないため、筋肉増強にフル活用する場合は飲み方(サイクル)に注意が必要です。オキシポロンは、赤血球の原料となる造血因子であるエリスロポエチンの産生を促進し、貧血や骨髄線維症の治療に使用されます。また、タンパク質の質の合成を促進するステロイドであるため、筋肉の成長・強化が期待できます。