トランシーノ(トラネキサム酸錠500mg)

 

 

 

プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

 

 

 

 

 

トランサミンについてのコラム【通販ショッパー】

トランサミンは、第一三共製薬株式会社が販売する日本国内で承認されている医薬品です。トランサミンは、のどの痛み、炎症などを抑える薬で、なるべくクリニックや病院を受診する際にも処方される薬です。トランサミンは錠剤の内服用で、シミ、肝斑、ニキビ、そばかすなど女性の肌トラブルを改善する解毒剤です。

有効成分のトラネキサム酸は、さまざまな出血症状の一因となるプラスミン活性の治療に使用しても、抗出血作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用を発揮します。トラネキサム酸は、化粧品や日焼け止めにも使用されているほか、クリニックから処方されることもあります。肝斑は女性ホルモンが原因の一つと言われていますが、トラネキサム酸には女性ホルモンに働きかけて肝斑を抑制しやすいという性質はないのだそうです。そのため、継続的に服用してもホルモン分泌への影響はありません。

メラニン活性化因子であるプラスミンを抑制するため、すでにある不潔感や肝斑にも効果が期待できます。人間の皮膚に炎症が起きると、ウイルスなどの接触感染によって細胞が破壊され、プラスミンが生成されて、ただれや浮腫みが生じます。同時に、血管が濃縮されることで喉に炎症が起こり、浮腫み、ヒリヒリ感、発赤、ムカムカ感などの炎症性クレームが出現するのです。トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、プラスミンの上乗せと、炎症や痛みの原因となる重量物の入射を抑制することになります。

トランサミンは、有効成分トラネキサム酸500mgを組み込んだ抗プラスミン薬です。風邪症候群や湿疹などの抗炎症、抗アレルギー目的のほか、肝斑など肌のシミの元の色の改革的な意味合いもあり、全国的にほとんどの地域で使用されていると想定されます。最も注目される効果は「肝斑などの汚れたシミの改善」です。また、プラスミンは、自然な色素沈着の原因であるメラニン生成物の生成にも関与していると考えられています。トランサミンはプラスミンの作用を抑制することで、メラニン産生を抑制し、シミなどの色調を改善することができます。

トランサミンは、シミの中でも特に肝斑の治療に効果的です。肝斑は、30代以上の女性に多く見られる左右対称の色素性病変の一種で、経口避妊薬、妊娠、慢性的な皮膚ストレス、更年期障害、加齢などが原因となっています。プラスミンを阻害する作用があるため、湿疹、蕁麻疹、喉の発赤・浮腫、口内炎などに処方されます。また、素肌部の変色治療にも実施されています。

メラニンの生成を抑制し、炎症を抑え、肌荒れを保護・改善する効果があるとされています。メイクアップドリンクには、トラネキサム酸が配合されているものが多くあります。トラネキサム酸は、肝斑やメラニンなど女性の肌トラブルに良いとされる錠剤の製剤です。トランサミンには、有効成分トラネキサム酸が配合されています。