フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアについてのコラム【通販キングダム】

フィンペシアの最大のメリットは、1容器100錠入りで1日のコストが約30円と、1錠約200円以上のプロペシアよりも経済的で、コストと効果のバランスが取れていることです。フィンペシアは、2型5αリダクターゼの活性を抑制することで、DHTの生成をブロックします。毛母細胞を保護し、抜け毛や薄毛の進行役を防ぎます。

フィナステリドは、5αリダクターゼ阻害剤として知られる医薬品です。男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)だと言われています。5αリダクターゼ酵素が男性ホルモンであるテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHTに変化させます。このDHTが作用して抜け毛が発生するのです。注意点として、効果を持続させるためには、継続的に体内に取り入れる必要があります。フィンペシアの服用を中止しても、1年程度で服用開始前の状態に戻ることが確認されていますので、効果を持続させるためにもフィンペシアの服用を継続する必要があります。

フィンペシアは、抜け毛の原因となる酵素(5αリダクターゼ)を阻害し、ヘアサイクル(髪の生え変わり回転)を改善する効果があります。プロペシアのジェネリックは無数に販売されていますが、フィンペシアはプロペシアのジェネリックの中で最も広く認知されており、最大限のシェアを誇っています。プロペシアと同じ成分が同じ分量だけ含まれており、プロペシアと同じ効果が期待できるのに、驚くほど安い価格で購入することができるのがフィンペシアの最大の利点であり、多くの人に支持されている理由です。

フィンペシアを継続的に利用することで、抜け毛がダウンしたり生え際が前進するなど、ヘアリフォ-ムの効果が得られるのです。フィンペシアの短い効果が実感できるまでには、6ヶ月程度を見込んでおくとよいでしょう。また、フィンペシアの服用により、頭皮の皮脂の分泌を抑え、髪のべたつきを抑え、フケをなくし、髪の状態を変化させ、髪をサラサラにする効果があると報告されています。プロペシアのジェネリック医薬品の中でも、フィンペシアはプロペシアの代替珍品として最も人気があり、最強のAGA治療薬と言えます。

男性型脱毛症(AGA)は、20歳未満から体内で生成されるDHTと呼ばれるホルモンが原因です。有効成分のフィナステリドは、体内のホルモンを調整し、発毛の効能を目に見える形で、自然な髪の成長を期待することができます。日本では、フィンペシア1mgと同じ有効成分をプロペシアとして処方することが可能です。日本では、男性型脱毛症などの治療には保険が導入されておらず、すべて自費診療となります。

AGA治療薬は、国内製品が非常に高いため、価格面ではジェネリック医薬品がとても重宝されています。フィンペシアが1錠30円だと思えば、効率化の難易度は下がります。フィンペシア(キノリンイエローフリー)1mgは、インドの大手ジェネリック医薬品製薬会社であるシプラ社が作成・販売しているAGA治療薬です。