ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

ルミガンについてのコラム【ジェネクリ・公式】

有効成分のビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬として使われていたものです。その控えめな効果からまつ毛が増えたという発表が頻繁にあったことから、まつ毛育毛剤として使用されるようになりました。ルミガンは、エクステンションやつけまつげの負担なく、自然にまつげを伸ばすことができるため、自然で美しい目元を演出することができます。

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、アラガン社によって市場に投入されました。まつ毛の毛根に作用してヘアサイクルの成長期を延長させ、毛量を増やす効果が期待できます。2008年には、ルミガンの有効成分であるビマトプロストが睫毛乱生症治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に承認されました。

日本では、ビマトプロストを有効成分として0.03%配合したまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」がアラガン社より販売されています。まつ毛育毛剤「ルミガン」は、まつ毛の欠損や不足にお悩みの方におすすめです。ルミガンは、発毛・育毛剤としてFDA(米国保健社会福祉省)に承認されており、日本では2009年に新剤形「グラッシュビスタ」が承認されました。

グラッシュビスタは、2014年に厚生労働省から承認された初めてのまつ毛貧毛症治療薬です。美肌クリニックなどの医療機関で医師から処方してもらうことができますが、保険適用外のため1リング2万円弱と高価です。ルミガンは、数本程度の少ないまつ毛や睫毛貧毛症に使用できるまつ毛育毛剤です。有効成分ビマトプロストが配合されており、臨床試験でまつ毛の成長を改善することが証明されています。ルミガンは、今ではまつ毛育毛剤として世界的に有名ですが、もともとは緑内障の治療用目薬として誕生したものです。

緑内障とは、瞳孔ミネラルウォーター(眼球の一部を満たしている水分)が上澄みした時に目で見える範囲が隙間に達し、眼圧の上昇(眼球の下の攻撃)が起こり、視神経が脅かされる病気です。緑内障の治療には、症状の経過に応じた対策を選択することが必要ですが、多くの場合、薬物療法の方法から進めていくことになります。

ルミガンは、世界的に有名なまつ毛育毛剤です。アラガン社が大量生産・販売しており、日本では緑内障治療用の点眼薬として承認されています。日本で承認されているまつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」と同じ成分で、グラッシュビスタと同等の効果があります。

緑内障治療の点眼薬として使用されていましたが、臨床試験において、ルミガンを使用した緑内障相談者の46.13%が、副作用としてまつ毛の成長(継続することで到達し、肥満の患者では上昇)が報告されています。美容クリニックや皮フ科で購入すると、通常1万円前後と割高なため、個人輸入代行サイトから通販する人が多いです。まつ毛エクステに行く時間がない方や、まつ毛のかさを増やしたい女性におすすめです。