プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

 

 

 

コスメライトクリーム

 

 

 

 

 

ヒトプラセンタについてのコラム【通販 もえ薬局】

ヒトプラセンタジェルは、有効成分として良質なヒトプラセンタを待ち望んでいます。ボディケア製品に配合されるプラセンタは、豚や馬由来のものが一般的です。日本では、ヒトプラセンタを配合することが認められているのは注射薬のみです。ドラッグストアや薬局で販売されているプラセンタ雑貨は、ヒト由来のプラセンタではなく、牛、豚、羊、馬由来の健康食品であり、多くの場合、効果は期待できません。

ヒトプラセンタジェルの有効成分はヒト由来のプラセンタであり、本製品1g中に0.1gのウシ、ブタ、ヒツジ、ウマ由来のプラセンタが含まれており、日本で販売されている健康食品のようなウシ、ブタ、ヒツジ、ウマ由来ではございません。ヒトプラセンタジェルは、ヒト胎盤由来のジェルで、美白効果、シミ・シワの解消、肌の柔軟性、保湿効果などが期待できます。

有効成分であるヒトプラセンタは、加工が非常に難しく、動かしがたいコンセプトを満たす地盤でなければ大量生産できない貴重な薬です。加齢による肌の悩みを持つお客様に必要とされる美容薬です。海外でも販売され、海外ではニキビ跡や火傷跡の治療薬として、また、シミやソバカス、たるみの修復など美容目的で多くの方に使用されている製品です。

有効成分であるヒトプラセンタを人の肌に塗布すると、新しい表皮の生成を活性化し、肌の代謝サイクルを正常な状態に戻す効果や、紫外線によるダメージを防ぐ抗酸化作用が期待されます。また、ヒトプラセンタには保湿効果やシワを予防する効果も期待されています。ヒトプラセンタジェルは、1日3~4回、気になる部分を洗顔した後、適量を塗布してください。また、無菌ケア用にいただいたガーゼにジェルを含ませて、気になる部分に塗布することも可能です。

プラセンタは「子宝草」とも呼ばれ、古くから漢方薬として利用されてきました。中国では秦の始皇帝が不老長寿の妙薬として使用し、日本では加賀三大媚薬の一つとして、江戸時代に滋養強壮薬として使用されました。ヒトプラセンタは、アンチエイジング、美白、保湿、ニキビ肌や過敏性肌の改善、ケガ跡の修復など、多くの美肌効果があります。

ヒトプラセンタジェル(プラセントレックス)は、インドで根強い人気を誇る製薬会社アルバート・デイビッド社が製造・販売しています。製薬会社の多いインドではトップクラスに位置する大手企業です。ヒトプラセンタジェルは、日本では販売されていないヒト胎盤を配合したプラセンタ外用ジェルです。

アンチエイジング、美白、保湿、ニキビ改善など多くの美肌効果があり、全身ケアに最適な商品として世界的に認められています。ヒトプラセンタジェルは、ヒト胎盤由来のプラセンタを配合した軟膏で、プラセントレックスの商品名で販売されています。細菌では、「センタサバ(センタサービスエリアビデオA)」というジェネリックも販売されました。