トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

トラセミドについてのコラム【通販ビーナス】

トラゼミドと同じ効果を示す商品にフロセミド(ラシックス)などがあります。フロセミドと比較すると、ルプラックに含まれるトラセミドは10~30倍の利尿作用があると言われています。インタスファーマ社製のTOR(トール)は、トラゼミドを有効成分とするループ利尿薬で、日本ではルプラックの後発品として承認されています。

トールの有効成分であるトラゼミドは、1987年にベルギーで初めて承認されて以来、日本全国を含む全世界で利尿剤として使用されることが義務付けられています。日本では、ループ利尿剤「ルプラック」の有効成分として使用されています。尿は血液が腎臓でろ過されて作られるが、トラゼミドは尿を湿らせ、ナトリウムの再吸収を防ぐことで尿量を増加させます。利尿剤はたくさんありますが、トラゼミドは最も広く使われている薬の一つで、その効果も高く評価されています。また、浮腫の管理には約10倍の効果があるとされています。

トラセミドはループ利尿薬で、高血圧や浮腫の再確認の原因となる体内の未使用水分の排泄に効果があります。ルプラックは、有効成分であるトラセラミドが腎臓に作用して、体内の余分な水分を排泄・供給する効果があります。それにより、むくみや食事制限の軽減が期待されます。また、毒素も一緒に撃退されるため、肌にツヤが生まれ、コンディションアップにつながります。

長時間の残業や座り仕事などで筋肉を動かさないと、血液や水分が輸送系に蓄積され、むくみの原因となる。水分が滞った状態を放置すると、水分や不要物が排泄されずに体内に蓄積され、体内へのアクセスはもちろん、手やお腹、外見にも水分が溜まって太りやすくなることがあります。トラセミドは、心不全、肝不全、腎臓病による全身のむくみや 浮腫の緩和にも使用されます。

トラセミドはフロセミド(ラシックス)より利尿作用が強く、降圧作用も期待できますが、フロセミドほど降圧作用が強くありません。副作用の発現率が低いため、高齢者の心不全治療に使用されることもあります。ループ利尿薬は、電解質であるカリウムをミネラルウォーターと一緒に排便させるため、低カリウム血症を誘発することがあります。低くなります。トールの有効成分であるトラセミドは、フロセミド(ラシックス)よりも効能が強く、体内の未使用の水分を放出し、むくみを改善します。

同じタイプの商品であるラシックス(フロセミド)に比べて、カリウムの放出量が少ないので、低カリウム血症の副作用が出にくく、糖の入れ替わりや耐糖能への後遺症が出にくいのが特徴です。トールの有効成分であるトラセミドがループ利尿薬と呼ばれるのはそのためです。利尿剤にはいくつかの総数がありますが、ループ利尿剤は利尿剤の中で最も強力なものです。