トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーについてのコラム【通販web窓ロ】

トリキュラーは、日本で最も処方されている低用量ピルです。自然に同一ホルモンの分泌を促し、排卵を抑制することで避妊力を発揮します。1錠ごとにホルモンの量が異なる三相性タイプなので、身体への負担が少ない優しいお薬です。トリキュラーからアンジュ、アンジュからトリキュラーへの変更は、席順に従えばいつでも簡単にできますが、ピルのコントラストが違うので混乱しないように注意しましょう。

低用量ピルは、黄体ホルモンの配合量や使用量の違いが多く、すっきりしています。低用量ピルの代表的なものは、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ヤーズです。アンジュはあすか製薬から発売されている低用量ピルで、成分はトリキュラーと同じです。販売元が違うだけで、効果だけでなく作用や副作用もほぼ同じです。

低用量ピルは、排卵を抑えることで卵巣や子宮を休ませ、ホルモン分布を一定に改善するものです。そのため、低用量ピルは避妊だけでなく、月経困難症、PMS(月経前不快気分障害)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなど多くの治療に対して改質効果を発揮します。また、避妊効果だけでなく、月経周期の異常の改善や月経痛の軽快にも効果がある。女性の天敵である肌荒れやニキビに高い効果を発揮するのも、人気の理由のひとつです。

トリキュラーを服用すると、排卵が現れず、高い確率で妊娠を防ぐことができます。また、分泌されるホルモンの量を穏やかにコントロールし、月経のリズムを整えてくれるほか、経血の量を減らし、生理痛を予防する効果も期待できるため、安心して服用することができます。トリキュラーは、日本国内のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険が適用されず、すべて自費診療となります。

トリキュラー(triquilar)は、常に継続的に供給される低用量ピルです。正しく服用すれば100%妊娠を防ぐことができる避妊薬で、医療機関でもよく処方されます。トリキュラー21は、低用量ピルで、少量のエストロゲンとプロゲステロンを含む女性ホルモン製剤です。女性自身が月経や妊娠をコントロールできる経口避妊薬で、同伴者に頼ることなく簡単に服用することができます。避妊効果に優れ、正しく服用することで避妊カバー率は通常100%です。

トリキュラーは、生理不順や生理痛などの月経トラブルの緩和にも有効です。生理の周期を28日周期の太陽周期に整えるため、生理不順や生理痛などの月経トラブルの解消にも効果的です。赤・白・黄の3色の錠剤を体内に入れることで、ホルモン分泌を正常化し、排卵を抑制し、妊娠を予防します。バイエル社のトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。