アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

アイピルについてのコラム【通販ブリッジ】

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来の緊急避妊法(ヤッペ法)よりも高い妊娠阻止率が確認されています。レボノルゲストレルは、かつてWHOが実施した大規模複合臨床試験の結果から、緊急避妊薬として高い有効性と安全性が確認され、1回の服用で効果が得られることから、現在、様々な形で使用されています。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、卵子の受精と卵子の子の排泄を抑制するため、性交渉後でも効果があります。次の生理が来るのを不安げに待つのではなく、望まない妊娠を回避することができるのです。自分の意思に反して妊娠することを避けることができるのです。イピルは緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊具がなくなりそうだとわかってから24時間以内に服用すれば、95%の避妊効果があります。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、ノルレボ錠の先発品の臨床試験で確認されており、検証を待っている状態です。臨床試験は、性交後72時間以内にノルレボ1.5mgを投与された評判の良い女性63名を対象に実施されました。臨床試験の結果、63名中62名の女性が緊急避妊に成功しました。この方法をもとに、妊娠失敗率(避妊に成功した割合)を算出しました。従来のヤッペ法は、1970年代からある中容量錠剤を使用した緊急避妊法です。WHOが1,998人の女性を対象に行った調査では、ヤッペ法の妊娠阻止率は57%、レボノルゲストレルの妊娠阻止率は85%でした。 割合は85%でした。この結果から、I-pillの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来のYappe法よりも高い確率で妊娠を緊急に防ぐことができる方法であることがわかりました。

世界中で多くの女性に使用されている有名なアフターピルの一つです。この成分レボノルゲストレルを1.5mg含有するジェネリック検討薬で、日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬・武田薬品工業)の医薬品名で販売されています。iピルは、緊急避妊ピル、アフターピルとも呼ばれ、性交時に避妊具を使用しなかった場合や避妊具が破裂して失敗した場合に、意図しない妊娠を中絶するために服用するお薬です。

アイピルは素早く服用することで効果を発揮する緊急避妊薬で、医療機関でピルを入手するまでの時間が命取りになることがあります。Iアイピルかなり高い確率で妊娠を止めることができますが、確実に止めることができるわけではありません。アイピルは、行為後にゴムなどの避妊手段を怠ったり、行わなかったりした危機的な状況で導入するものであり、通常の経口避妊薬のように妊娠を防ぐためのものではありません。