ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲインについてのコラム【通販ソーシング】

ロゲインは、毛根の血管を伸ばすことで、栄養を吸収しやすくし、抜け毛を減らし、発毛を促進します。ロゲインに付属のスポイトを使用することで、自然なボリュームで正確に頭皮に塗布することができます。また、スポイトをフタとして使用できるため、取り込みに便利です。ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の毛髪微小血管を進化させ、酸素や栄養が頭皮に伝播することで、大きな育毛効果が期待できるのです。

具体的に「貼って押す」というコンセプトで作られた育毛剤は数多く存在します。それらは、有効成分を頭皮に強制的に密着させる目的で成分を使用していることが多いのですが、そのために髪の弾力性に違和感を覚えることがあります。ロゲインの使用後の直感も軽快で、清涼感を感じるポイントがある。McNEIL社のロゲインは、発毛効果が臨床的に証明されているミノキシジルを5%混合した外用薬です。米国FDA(食品医薬品局)で初めてAGAに対する育毛効果が認められた育毛剤で、抜け毛を抑制し、発毛を促進する育毛に欠かせない製品です。

男性用ロゲインにはミノキシジルが5%、女性用ロゲインにはミノキシジルが2%配合されています。男性が女性用ロゲインを使用することは可能ですが、男性より効果が低くなるので注意が必要です。日本では、大正製薬が「リアップ」という商品名で、成分ミノキシジルを配合した育毛・発毛のためのAGA治療薬を販売しています。ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」と「ロゲイン」は同等の効果があります。

AGAが発症すると、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が、5αリダクターゼという酵素によって大量に生成されます。そのDHTが毛母細胞を収縮させ、脱毛命令が出されるのです。ロゲインは、弱った毛母細胞に栄養を届けることで毛根を再生させ、発毛を促進させますロゲインは、発毛を促進する男性用AGA治療薬として、米国マクニール社によって作成・販売されています。

ロゲインを使い始めて3ヶ月以上経ち、本当に効果があるんだと実感される人が多いようです。ロゲインは、低発毛の再試験に効果が期待されています。有効成分であるミノキシジルは、人間の皮膚に浸透し、毛髪の微小血管を拡張して血流を促進させます。これにより、頭皮の成長に有効な毛乳頭細胞が刺激され、ヘアサイクルが延長されるのです。それどころか、毛母細胞にも衝撃を与え、発毛を促進させます。ミノキシジルを配合したロゲインは、その効果が医学的に認められています。ミノキシジルの発毛効果を確認するために、米国だけでなく日本でも大正製薬が大規模な臨床試験を実施しました。