アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーについてのコラム【通販 もえ薬局】

アジスロマイシンは、細菌が耐えられるリボソームにのみ作用する。パルソンの細胞内には深く浸透しません。錠剤とシロップがあり、有効成分としてアジスロマイシンを250mg、500mg、1mg含有しています。また、抗菌・殺菌作用があり、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの細菌が原因で起こる様々な病気に適用することができる。アジーは、アジスロマイシンを有効成分とする抗生物質であり、マクロライド系に分類されるジスロマックのジェネリック医薬品である。

アジスロマイシンを有効成分とする先発医薬品「ジスロマック」の臨床試験により、その有用性が確認されています。菌に含まれる有効成分がタンパク質の合成を阻害し、細菌の増殖や繁殖を抑止する。また、再び、好中球が患部の一点に集まること(炎症要素)を防ぐことで、痛み、浮腫み、発赤、発熱などの症状を抑える効果があります。クラミジアに次いでヒトに多い淋菌による淋病の場合、男性では尿道痛や激しい排尿痛、女性ではおりものの上昇や悪臭、排尿痛などの症状があります。

アジーは高濃度の薄い錠剤で、長時間持続するため、短期間で良くなることが期待できます。症状が良くなっても、菌が潜伏して再発することがあるので、完治しても1週間は薬を続けることが推奨されています。また、菌が残っている場合は、再発の可能性があり、症状がバラバラになることがあります。

アジーは先発薬のジスロマックと同じ成分を含んでいるので、効果は同程度と言えるでしょう。抗生物質とは、私たちに害を与える細菌に作用して、細菌の増殖を抑える薬です。マクロライド系抗生物質は、抗菌効果が大きく副作用が少ないため、お子様からおばあちゃんまで幅広く処方されています。

アジーの特異性は、抗菌スペクトラム(抗菌作用の範囲)が広く、病気の部位に取り込まれやすく、系統的に作用する時間が長いことです。マクロライド系抗生物質の一つであり、副作用が少ないという魅力があります。先発医薬品のジスロマックは、妊婦や授乳婦にも処方できる安全性の高い薬です。細菌の接触によって起こる性感染症には多くの種類がありますが、アジはすべての細菌に効果があることを目指しているため、クラミジア以外の性感染症の治療にも有用です。