トレティバ20mg(アキュテイン・ジェネリック)

イソトロイン20mg(アキュテイン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アキュテインについてのコラム【通販ブリッジ】

アキュテインはビタミンA誘導体で、お肌の皮脂線の細胞を萎縮させ、皮脂の分泌を緩和し、毛穴を縮小させます。毛穴や皮脂腺にはアクネ菌などのニキビの原因菌が増えますが、トレティバによって皮脂線が萎縮すると、そこに住み着くしみ菌が減少します。アキュテインは、中等度以上のにきびや難治性のにきびの治療に用いる内服薬です。有効成分はイソトレチノイン20mgで、日本では未承認で市販されていない。海外では20年以上の歴史があり、強力なニキビ治療薬として大変人気があります。

アキュテインは、皮脂分泌が非常に多く、抗炎症作用があり、ニキビ跡だけでなく、治りにくいニキビにも有効です。アキュテンの有効成分であるイソトレチノインは日本では認可されていないため、曲りなりにも生命保険を使って処方してもらうことは不可能です。しかし、全国には権利上イソトレチノインを取り扱っている医療機関(主に皮膚科)がいくつかありますので、医師の診察のもとで購入することができます。自由診療ですので、全て自費となり、価格の取り決めも医療機関によって異なります。

ホルモンバランスの乱れみたいなもので皮脂が増えると、毛穴の中で細菌が増殖して炎症を起こすなど、不都合が生じることがあるのです。アキュテインは皮脂の分泌を抑えることで、細菌の繁殖を防ぎ、炎症を治す効果があります。副作用として、皮膚の緊張、粘膜の乾燥、不眠、頭痛、めまい、下痢、吐き気、うつ病(倦怠感、幻覚)などが起こることがあります。これらの症状が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。

トレティバはアキュタンのジェネリック医薬品であるため、アキュタンよりも安価に売買することができます。アキュテインと同じ効果が低価格で得られるので、とても人気があります。アキュテインは1錠あたりの為替レートが通常前後600円なので、10錠で6,000円です。これに診察料などの訪問費が加わると、合計で1万円以上かかることになります。血液検査などを受けるとさらに数千円の出費が予想されますので、かなりの出費を覚悟しておきましょう。

アキュテインは、皮脂を分泌する皮脂腺を大きくして一体化させることで、中等度から重度のニキビを治療することができます。ニキビの再発の可能性は少なく、利便性は98%以上です。アキュテインは、ニキビの克服、ニキビに強い肌の育成、顔だけでなく中背部や胸部のニキビの治療、全身の皮脂調整などに効果があります。アキュテインは顔だけでなく、上肢や体の皮脂にも作用し、毛穴の限界に達しているため、ニキビに効果的です。