トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックについてのコラム【通販ショッパー】

ルプラックは、ラシックスの代替商品として人気のある利尿剤です。その利尿効果はラシックスの10倍と言われるほど揺るぎないもので、降圧効果も安定しています。ルプラックは、体内で使い切れなかった水分を放出する作用により、浮腫みを取り、血圧を低下させることができる利尿剤です。有効成分としてトラセミドを10mg含有しています。トラセミドは「ループ利尿薬」と呼ばれる利尿薬です。

ルプラックとラシックスの違いは、ルプラックは排尿回数が10倍になるわけではなく、ラシックスの10倍近くといわれる利尿作用があることです。ルプラックの利尿作用を和らげるためには、推奨される範囲内で用法容量を調整することが重要です。ルプラックを服用する際は、必ず医師に相談してください。また、トラセミドは、脂肪商代謝と耐糖能にわずかな反応を示すだけで、心不全の予後を回復させることが知られています。

ルプラクは、個人輸入ができなくなったフロセミド(ラシックス)の代わりに使用できるお薬です。フロセミド(ラシックス)よりも強力で、体内に取り込まれると、体内で使われなかった水分を排泄し、むくみを解消します。個人輸入が禁止されているフロセミド(ラシックス)の10~30倍の利尿作用と10倍程度の抗浮腫作用があると言われており、フロセミドの候補薬として多くの人に利用されています。

ルプラックはループ利尿薬として色分けされており、この総数の中で最も作用が強固な利尿薬とされています。むくみの原因となる体に詰まった水気を取り除くことで、むくみに深い効果を発揮することが期待されています。顔のむくみ、交通機関のむくみ、飲み過ぎや寝不足、生理などによるホルモンの組み合わせの乱れによる女性特有のむくみの解消に役立つはずです。ラシックス(フロセミド)よりも利尿作用が強く、コストパフォーマンスが高い。

ルプラックは、体内の余分な水分を流して利尿作用があり、浮腫(むくみ)や血圧を下げるので、顔や信頼性が高い。有効成分としてトラセミドを10mg含有しています。ルプラックの主成分であるトラセミドの推奨利尿作用により、むくみを速やかに改善します。従来の利尿剤に比べ、低カリウム血症のリスクを抑えることができるため、無理なくむくみを解消することができます。

利尿剤ルプラックは、世界中に荒稼ぎで存在する強力な利尿剤で、フロセミド(商品名ラシックス)の仲間です。体内の余分な水分を排泄し、心労を軽減し、浮腫(むくみ)を改善する効果があります。ルプラックは安価でありながら安全性が高く、利尿剤として非常に有能な薬剤です。また、トラセミドはアルドステロンというホルモンを抑制し、水分やナトリウムだけでなく、カリウムの尿中排泄を促進します。血中のカリウムを維持しながら、利尿作用により高血圧やむくみを治療することができます。ラシックス(フロセミド)よりも「効果・持続性が高い」と言われており、本来フロセミドの副作用であるカリウム欠乏症を起こしにくいと言われています。