フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンについてのコラム【通販カリヨン薬局】

「フォルカン」は、ジフルカンのジェネリック医薬品は、インドに拠点を置くシプラ社が製造・販売しています。シプラ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年に始まった長い歴史があります。また、膣カンジダの症状にも有効です。というのも、膣カンジダは再発しやすい病気なので、症状を発見したらすぐに治療を開始し、完治した後も再発防止のためにフルコナゾールを服用する必要があるからです。また、内服薬だけでなく、軟膏タイプの使用も治療の効率を上げるはずです。

真菌を死滅させ、真菌による接触感染症を治療することができます。主に性感染症として有名なカンジダ症やクリプトコッカスの治療に取り入れられています。ジフルカンジェネリックは、ファイザー株式会社が設立・販売している抗真菌(カビ)症治療薬「ジフルカン(Dyflucan)」のジェネリック医薬品です。性感染症として有名なカンジダ症だけでなく、様々な真菌感染症の治療に服用することが可能です。膣カンジダの治療でニーズがある場合は、ダイフルカン・ジェネリックを取り入れるだけでなく、他の薬と同時に使用することも検討してみてください。

ジェネリック医薬品には、錠剤だけでなくカプセルやドライシロップ、点滴などの形状もあり、子供だけでなく新生児に使用することもある安全性の高いお薬です。ジフルカン・ジェネリックは、日本では1989年からジフルカンという名前で販売されている歴史のあるお薬です。ジフルカン・ジェネリックとジフルカンは同じ成分の同じ種類の薬で、日本でジフルカンを使用する場合は、ジフルカンまたはDiflucanとバラバラに表示されています。

抗菌薬であるDiflucanは医師から処方してもらうことができますが、比較的高価であるというデメリットがあります。しかし、薬価が比較的高いというデメリットがあります。そのため、海外から手頃な価格のジェネリック医薬品を輸入する方法を選択する人も多いようです。ジフルカン・ジェネリックの有効成分であるフルコナゾールは、真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの実際の合成を阻害することで抗真菌作用を発揮する。

日本での臨床試験では、腟カンジダに対して有効成分フルコナゾールを28日間服用した患者の約8割で腟カンジダの症状が消失したことが報告されており、医療機関での処方率が高い薬剤となっています。有効成分フルコナゾールは、アゾール系抗真菌薬で、真菌の増殖を抑えることにより、病気の進行を抑制し、治癒を早める効果があります。

フルコナゾールは、カンジダ膣炎などの女性膣内の真菌感染症の治療によく使用されます。補完効果があり、満足のいく効果が5日間続き、1回の服用で4回以上効果があると言われています。インドのジェネリックの枠組みは、その目的からしてユニークであり、良質なジェネリック医薬品を安価に製造することができると想定される。というのも、もともと体内に設置されている細菌が原因なので、誰でもかかる可能性があるのです。そのため、20~50歳の女性の約5人に1人が膣カンジダを経験していると言われるほど、接触感染の代表的な感染症の一つです。