フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンについてのコラム【通販カンパニー】

グローバル製薬企業であるシプラ社が販売する「FOLCAN」(フォルカン)は、カンジダ症などの性感染症の治療薬として使用されている「Diflucan」(ジフルカン)の後発品で、カンジダ症をきれいにするための薬剤です。カンジダ症などの性感染症の治療に使われるジフルカンのジェネリック医薬品に該当します。フォルカンを服用して1ヶ月が経過するころには、症状が完全に治まっているケースがほとんどです。フルコナゾールは、カンジダ膣炎などの真菌感染症の治療に使われる定番の薬です。フルコナゾールの主な副作用は、頭痛や吐き気などの消化器症状です。

真菌感染症は、カンジダ症、アスペルギルス症、クリプトコックス症が代表的なものです。特に女性に期待される膣カンジダ症は、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下により病態がはっきりと現れ、強いかゆみや白いおりもの、炎症による外陰部の腫れなど、体に十分な異常が起こる病気です。また、ポピュラーな真菌症以外にも、性感染症として有名な膣カンジダ症の治療や再発防止にフルコナゾールが使用されることがあります。

フルコナゾールは真菌であるカンジダ菌に効果があるため、膣カンジダ症の治療に有効であることが確認されています。フォルカンは、フルコナゾールを有効成分とする腟カンジダ用内服液「ジフルカン」の後発品です。FOLCANは、フルコナゾールを有効成分とする膣カンジダ用内服液「Diflucan」のジェネリック医薬品です。腟カンジダの治療には、有効成分フルコナゾール150mgを1回に服用する必要があります。フォルカンは1錠に150mgのフルコナゾールが含まれているので、1回1錠を服用するだけで腟カンジダを治療することができます。また、女性に多い悩みである膣痙攣の治療にも使用でき、膣に快感を与えるため不眠症の開発にも使用することができます。

28週間にわたるDiflucanの臨床試験には、カンジダによる膣炎や外陰炎の患者さん99名が参加したとされています。ディフルカンの臨床試験は、カンジダによる膣炎や外陰炎の患者さん99名に、フルコナゾール150mgを1回でも服用してもらい、治療効果を検証するものでした。フォーカンの主成分であるフルコナゾールは、真菌感染症の治療薬です。フルコナゾールは人体への吸収率が高く、真菌感染症の治療に高い効果を発揮します。

フルコナゾールはカンジダやクリプトコッカスに対して特に強い抗真菌活性を示すため、カンジダやクリプトコッカスによる真菌症、気道真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌性髄膜炎などの内部真菌症、女性に多い膣カンジダ症の治療に多く使用される。女性に好発すると推定される膣カンジダ症の治療には、非常に頻繁に使用する必要があります。

フルコナゾールとトリアゾラム(ハルシオン)を併用すると、トリアゾラム(ハルシオン)の作用が強くなる。これは、トリアゾラム(ハルシオン)の眠気作用が顕著になりすぎて、転倒などの人身事故が起こる可能性があるためです。フルコナゾールは体内で入れ替わりにくいことに加え、半減期が長く、1回の摂取で1週間も膣分泌液中に抗真菌作用が維持される。