リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

 

リピトールについてのコラム【通販ディビジョン】

リピトールは、家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症などの脂質異常症の最新治療薬で、血液中のコレステロール値を安定させ低下させます。リピトールの用途は、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症などです。これらのコレステロール値が高い病気の一部を総称して脂質異常症と呼びます。

血液中のコレステロールが濃くなると血管が狭くなり、狭心症や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性があります。リピトールを服用することで、悪玉コレステロールを減らし、コレステロール値を解消することができます。コレステロールでお悩みの方、生活習慣を改善できない方にお勧めの商品です。私たちの血液中には、コレステロール、トリグリセリド(中性脂肪)、リン脂質、購入脂肪酸など、脂肪酸と呼ばれる物体が巨大な塊となって存在しています。脂肪酸は体の細胞を形成したり、ホルモンのトピックとして使われたり、熱意の貯蔵庫として未利用になったりします。原則として、脂肪酸は常に完成された状態で血液中に混ざっている。

リピトールの主成分であるアトルバスタチンは、コレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を阻害し、コレステロールの合成を抑制する作用がある。また、血中の悪玉コレステロールの取り込みを開放し、コレステロールのグレードをクールダウンさせるはずです。血中のコレステロール値を下げることで、リピトールは多くの病気の予防や再発防止に有用であることが分かっています。

アメリカの有名な製薬会社ファイザーが開発し、日本では2000年に発売された。有効成分のアトルバスタチンは、コレステロールを生成する酵素であるHMG-CoA還元酵素の働きを阻害することから、「HMG-CoA還元酵素阻害薬」と呼ばれています。臨床試験では、1日1回10mgの錠剤を服用するリピトール20mgで、81.4%の患者さんで複合コレステロール価格を正常値の上限である220mg/dl以下に、85.1%の患者さんでLDLコレステロール価格を正常値の上限である140mg/dl以下に低下させました。 リピトールは世界で最も強力な抗酸化剤です。リピトールは、世界で最も広く使用されている最高品質の抗酸化剤です。

リピトールは世界で最も広く使用されている高脂血症治療薬の一つで、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、その他の脂質異常症の治療に使用されています。リピトールはまた、中性脂肪を減らし、健康を増進し、脂肪が体に付着するのを防ぐために使用することができます。リピトールは、コレステロールを低下させる薬剤です。コレステロール値が高いと、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などを引き起こす非常に負担の大きい病気です。これらの病気をできるだけ抑えるためには、悪玉コレステロールの数を減らすことが必要です。

血中のコレステロール値を下げることで、生活習慣病である高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症から身を守ることができるのです。リピトールは、HMG-CoA還元酵素阻害剤と呼ばれる脂質異常症の治療薬として処方されます。リピトールの主成分はアトルバスタチンと呼ばれ、肝臓でコレステロールが作られるのを防ぐ働きがあります。