ゼニカル(オルリスタット120mg)

オルリファスト(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゼニカルについてのコラム【通販web窓ロ】

ゼニカルが阻害するのは脂肪だけです。タンパク質、炭水化物、その他の栄養素の取得を阻害することはありません。脂肪の多い食べ物が好きで、たくさん食べる人に、ゼニカルを栄養補助食品としてお勧めします。人間の体が脂肪を取り込むためには、脂肪を細かく分解してから吸収する必要があります(脂肪の体内吸収)。その際、リパーゼという酵素が必要になります。ゼニカルは痩身薬の中で最も有名で、外来診療で使用されています。42錠版はDelpharmによって製造され、84錠版はCheplapharmによって製造されています。

ゼニカルは痩身薬として世界中で人気がありますが、体内の善玉脂肪を抑えることはできても、体内の脂肪を分離して燃焼させるという仕事には及びません。したがって、ゼニカルだけに頼らず、運動や他の療法と組み合わせて、最良の減量結果を得るようにしましょう。2ch(5ch)やFacebookでは、ゼニカルで減量したことを話す人がたくさんいます。

体内の脂肪には、糖と脂肪酸の2種類があります。糖質は1グラムで4キロカロリー、脂肪酸は1グラムで9キロカロリーです。1gあたりのカロリーは、糖が4kcal、仕上がった脂肪が9kcalです。圧倒的に優れている仕上げ脂肪のカロリーは、1gあたり6.3kcalと、砂糖とほぼ同じカロリーに抑えることができます。ゼニカルは、腸から抽出された脂肪を分解する酵素に働きかけて、脂肪の蓄積を抑制する抗脂肪剤です。ラーメンメニューやカレーなど脂っこい食事が好きな方でも、ゼニカルを食べれば簡単にシェイプアップできます。

副作用としては、脂肪便、ミネラルウォーター、腹痛、頭痛、おならが出るなどの報告があります。服用後、体調に異常を感じた場合は、使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。食事で摂取した脂肪の30%が便と一緒に出るので、あまり厳しい食事制限をしなくても、服用しながらダイエットすることができます。ゼニカルはジェネリック医薬品が低価格で販売されており、オルリファストやオルリガルが人気です。

ゼニカルの主成分であるオルリスタットは、リパーゼの脂肪を分解する働きを邪魔する。ゼニカルは脂肪を細かく分解するリパーゼの働きを邪魔し、分解できないため、体内に取り込まれずに排出されます。その結果、体内の脂肪の体積が減り、シェイプアップにつながるのです。また、ゼニカルを使い始めると、排便回数が増えたり、便が不揃いになったりすることがあります。初めてゼニカルを服用される方は、なるべく早く服用してください。

有効成分オルリスタットは、脂肪分解酵素リパーゼの動きを制御し、食物から摂取した脂肪を腸内でマスト化させず、便として体外に排出させる働きがあります。体内の脂肪はリパーゼという酵素によって分割されますが、リパーゼをブロックして脂肪の分割を抑制することで、体内の脂肪量を約30%減少させることが可能です。ゼニカルは、脂肪の増加だけを抑制するお荷物に分類される、比較的副作用の少ない薬です。スイスの著名な製薬会社ロシュ社がゼニカルの開発に成功し、1998年の発売以来、欧州をはじめ17カ国で100万人以上の肥満の方に使用されています。